【ラスクラ連載#02】人と魔獣が暮らす世界グランゼリアの住人編

アイディスより好評配信中のRPG『ラストクラウディア(以下、ラスクラ)』(iOS/Android)の世界観を読み解く連載企画第2回目をお届けします!(文:唐傘)

人と魔獣が暮らす世界グランゼリア



『ラスクラ』の魅力的な世界観を考察する連載企画第2回目は、グランゼリアに暮らす住人たちについて見ていきましょう。

グランゼリアには人間と魔獣という種族がいますが、敵対視するオルダーナ帝国、共存を掲げる組織ブレイズと、関わり合い方は国や人によって異なっています

▼帝国の人間でありながら、魔獣レイと行動をするカイルはかなり異端な存在のようです。


帝国が魔獣に対して悪感情を持っているのは、世界を支配していた破神を封印し、国を築いた英雄アデルに関わりがあるようですが……。その辺りもゆくゆくは語られていくのでしょうか、ストーリーの続きが楽しみです。


人間:異界の住人や魔法生物など変わり種も

主人公のカイルやティリアなど、主要メンバーやユニットキャラクターは人間が多めです。

また序盤は魔獣を排除している帝国が冒険の舞台となっているため、街にもほとんど人間の姿しかありません


しかし人間にも、いろいろなパターンがいるのがおもしろいところ!

ユニットキャラクターの神狩りのシンはプロフィール上はモルダナ大陸「名も無き村」出身ということになっていますが、その服装はグランゼリアでもかなり異質なものです。

それもそのはず、彼の正体はほかの世界から迷い込んだサムライ! 彼のように異界から迷い込む人間が、ときおりいるようです。

▼時代劇好きとしては、サムライというだけで贔屓してしまいたくなるところ。「神獣を狩る者」のアークエーテルを100%にすると、彼の愛刀(?)を入手できますよ。


本作の世界はかなり魔法の研究が進んでいるようで、魔法生物と呼ばれる存在も!? ユニットキャラクター・巨人ゴロスが、そうであったのではないかという説がグランゼリア内は有力なようです。

異形のものに見える三賢者ダインがプロフィールによると人間だったりするので、人は見た目で判断してはいけないなと学ばされます。

▼人を喰らうと恐れられるお尋ね者。賑街バタールで、最初に目撃されたとのこと。


▼三賢者ダインは魔術だけでなく、生活の知恵などにも詳しかったとか。賢者が教える生活の知恵なんて、すごく役に立ちそう。


魔獣:植物や鉱物など種類が豊富

カイルの相棒・レイのように人間と共存しているものから、クエストで襲ってくるものまで、いろいろなタイプの魔獣たちがいます。

アイテム「魔獣の肉」の詳細によると、地域によって魔獣の扱いは大きく違うとのこと。ちなみに取引されているのは、意思疎通ができない魔物の肉主体というのが何ともリアル。
ちなみにカイルたちの話によると、レイのようなタイプの魔獣は人間よりもかなり長生きをするそうです。

記憶を失っているレイが、どんな過去を歩んできたのか気になるところですね。

▼ブレイズには、レイのような魔獣たちがたくさんいるよう。


一言で魔物といってもレイのようにモフモフした動物系から、ポックルの植物系まで、多種多彩な生物が幅広い地域で生息しています。

クエストでは敵になりますが、動きも凝っているのでぜひ注目していただきたいです。


精霊? 有翼人? 人とも魔獣とも違う存在もいる

ユニットキャラクターには、魔獣とも人間とも違う存在が何人かいます。

ルキエルは神に仕える有翼人で、見た目通りの美しき天使。同じく羽根を持つ空雄グラバインは、プロフィールの種族が不明と記されるミステリアスすぎる御仁。彼らのように、人知を超える存在もグランゼリアに介入しているようです。

▼タイプが精霊と書いてあるので、きっと精霊さんなのでしょう。


第3回目は、世界にかつて存在していた国々にスポットライトを当てようと思います。

ラストクラウディア関連記事

『ラストクラウディア』に初の水着ユニットが登場!! ドットのクオリティもすごい!2019/08/17 17:00
『ラストクラウディア』に初の水着ユニットが登場!! ドットのクオリティもすごい!
【ラスクラ連載#05】それぞれに物語がある! キャラ同士の関係性編2019/06/15 15:00
【ラスクラ連載#05】それぞれに物語がある! キャラ同士の関係性編
【ラスクラ連載#04】英霊たちがいた場所を巡るグランゼリア的聖地ツアー編2019/06/09 15:00
【ラスクラ連載#04】英霊たちがいた場所を巡るグランゼリア的聖地ツアー編
ラストクラウディア ・販売元: AIDIS, INC
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 170.6 MB
・バージョン: 1.0.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2018 AIDIS Inc.

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!