【モンスト】“タマ”シリーズなのに、なぜ「ナオヒ」??

6/7(金)より初登場する【魂の高校生シリーズ】のラストを飾る「直なる支配は妖花の霊」のボスモンスター“ナオヒ”の名前になぜ「〜タマ」と付かないのか、その理由をご紹介します。


【魂の高校生シリーズ】のモデルとなっている元ネタは?

“一霊四魂”(いちれいしこん)という霊魂感がモデルとなっています。

わかりやすく説明すると、“人の霊魂”は「一霊」と「四魂」で出来ているということです。

ここで出てくる「一霊」が“直霊(ナオヒ)”と呼ばれています。
こちらが今回降臨するキャラですね!

では「四魂」の方はもうお分かりですね。
そうです。これまで降臨した「ニギミタマ(和魂)」「アラミタマ(荒魂)」「サキミタマ(幸魂)」「クシミタマ(奇魂)」の“4つの魂が”この4体になります。

「〜タマ」と書かれていますが“玉”ではなく“”のことだったんですね。

“一霊四魂の霊魂感”の中では、この“4つの魂”をコントロールする役目を「ナオヒ」が担っています。

XFLAG DICTIONARY」での“ナオヒ”の紹介文の中にもそのような文言が含まれていますね。

これで“ナオヒ”の名前になぜ「〜タマ」と付かないのか分かりましたね。

調べていたら・・・

今回こちらの“一霊四魂”のことについて調べていると“一霊”と“四魂”にはそれぞれ「機能」があり、クエストにもその特徴が出ているのでは?と考察できました。

それをご紹介していきます。

ニギミタマ(和魂)の機能

にぎみ


「ニギミタマ」の機能は“親しみ交わる力

平和や調和を望む”親和力が強い人は「ニギミタマ(和魂)」が強い人みたいです。

モンストでのニギミタマは?

「ニギミタマ」のクエストは“触れた敵の数だけ攻撃力がアップ”しますよね。

これはまさに「敵と親しみ交わっている」と言えるのではないでしょうか?

アラミタマ(荒魂)の機能

あらみ


「アラミタマ」の機能は“前に進む力”この進む力というのは「一気に(大きく)進む」という意味だけではなく“コツコツやっていく力”も含まれるそうです。

「行動力」があり“外向的な人”は「アラミタマ(荒魂)」が強い人みたいです。

モンストでのアラミタマは?

「XFLAG DICTIONARY」を見ると、神化前の「アラミタマ」は“内向的な性格”らしいですが、神化するとアラミタマの依り代となっているので“荒々しく”なっています!

「アラミタマ」のクエストは“弱点効果アップやダウンを繰り返します

弱点効果がアップ”している時に配置が良いと“一気に削る”ことができます。
逆に配置が悪い場合は、確実に1回だけでもボスの弱点を攻撃したり、雑魚の弱点を攻撃して“コツコツ”ダメージを稼ぎにいきますよね。

こういった部分が設定とコンセプトを合わせているのかな?と思うポイントです。

サキミタマ(幸魂)の機能

さきみ


「サキミタマ」の機能は“人を愛し育てる力

思いやりがある人”や“相手のことを理解しよう”とする心が強い人は「サキミタマ(幸魂)」が強い人みたいです。

モンストでのサキミタマは?

「サキミタマ」のクエストは“味方にふれた数に応じて攻撃力アップ”しますよね。

この部分が「人を愛し育てる力」と言えるのではないでしょうか?

クシミタマ(奇魂)の機能

くしみ


「クシミタマ」の機能は“観察力、分析力、理解力などから構成される知性

研究心の強い人は「クシミタマ(奇魂)」が強い人みたいです。

モンストでのクシミタマは?

「クシミタマ」のクエストは特に“観察力、分析力、理解力”が必要なクエストと言えます。

“個別HP”のため何手か先の手まで読んで、行動が必要です。

反射の方が優遇されているかと思えば、実は「おつう」「小野小町」なんかがいると“貫通4体”でもクリアできたりします。

どのクエストでも必要な“観察力、分析力、理解力”ですが、クシミタマでこの力が強い人は、多彩な編成でのクリアが可能です。

では、ナオヒは?


「ナオヒ」は“反省を促す”省みる、という機能です。

もし悪行を働くと、ナオヒは「曲霊(まがひ)」となるらしいです。
そして“4つ魂の働きは邪悪に転ぶ”と言われています。

どんなクエストになる?

機能などから考察すると

・4つの魂をコントロールしている→「イザナギ」のようにシリーズ4体が出てくる?

・悪いことを行うとナオヒは曲霊(まがひ)に変わる→覚醒する?

・省みるという機能がある→初見殺しがたくさんあって、それを“省みて”攻略していく?

・彼岸花が特徴的→【ジュン】や【禁忌15】のような反撃モードの花が出現する?

・鎖が描かれている→【友情ロック】や【アビリティロック】がある?

現在出ている情報から考察

“本クエストでは、モンスターの速度に応じて、Lv.1~Lv.3まで攻撃力がアップ!
ショット後に、一定の速度まで減速することで、攻撃力がアップしていきます。”

という情報がでています。

速度が遅いというのが利点になるのは初めてですよね!

パワー型が強い?

このことから「パワー型」が優遇されるのではないか?と考察します。

例えば「ニギミタマ」のように“一定の攻撃力以上”でなければ攻撃が通らないクエストだとしましょう。

“「Lv2」からだと攻撃が通る”ようになって、速度が遅い「パワー型」なら打ち出しから「Lv2」状態が出せたとしたら強そうです。

【パワーアップウォール】のように倍率も優遇されている可能性がありますよね。

ギミックは?

速度の遅さを簡単に出せてしまう「重力バリア」は出ないのではないかと予想されます。

対策しなければ「重力バリア」に引っかかり簡単に速度を落とせますよね。

これまで出現してない「ワープ」が登場すると予想。

まとめ

こじつけ感もありますが、モデルとなっている設定に乗っ取ってクエストを作られてるんだなと思いました。

ナオヒのクエストは“速度の遅さ”がカギになるので「パワー型」「SSがスピードUPの入らないキャラ」などチェックしておくと良いかもしれません。

注目記事一覧

モンスト攻略トップ 攻略・速報・最新情報まとめ
最新記事一覧 全クエスト一覧
モンストキャラ評価 モンストニュースまとめ

モンスト攻略ツイッター育成前の使えそうなキャラはスピタスを振らないのもアリ・・・?(ライター:ブラボー成田) 

モンスト攻略のTwitterをフォローしてね!記事へのご意見・ご感想もお待ちしています!

公式情報はこちら

モンスターストライク(モンスト)公式サイト

AppBankのオススメゲームはこちら!

AppBankのオススメゲーム

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ