【パズドラ攻略】究極フェノン 評価・考察・使い方

この記事は、「静寂の吹龍楽士・フェノン」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

静寂の吹龍楽士・フェノン 評価


目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在覚醒 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

ステータス詳細

究極フェノン

属性 副属性 タイプ コスト
ドラゴン/攻撃 80
HP 攻撃 回復
最大Lv99 5,925 3,063 283
各+99 6,915 3,558 580
限界突破 6,814 3,522 325
各+99 7,804 4,017 622


スキル「ムーンナイトシェイク」 Lv.最大
消せないドロップ状態を5ターン回復。最下段横1列を闇ドロップに変化。 6ターン
リーダースキル「継界龍響・コルミエ」
闇属性のHPと攻撃力が2倍。3色以上同時攻撃で1コンボ加算。闇を4個以上つなげて消すと攻撃力が上昇、最大8倍。
覚醒スキル
バインド耐性 バインド耐性 askill_56 封印耐性 askill_53
暗闇耐性 お邪魔耐性

毒耐性

ダメージ無効貫通
付けられる潜在キラー
マシンキラー 回復キラー 悪魔キラー 体力キラー
付けられる超覚醒スキル
ダメージ無効貫通 askill_54 askill_55

リーダー評価

適性 LS系統 HP/攻撃倍率・コンボ加算

コンボ加算も可能な指定数リーダー

フェノンのリーダースキルは攻撃倍率に「16倍」、HPに「2倍」の倍率がかかるというもの。攻撃性能、防御性能を兼ね備えた強力なリーダーです。また、3色消しでコンボ加算があるためコンボ吸収持ち相手に役立ちます。コンボ加算以外に効果がないため、常に発動しなくて良いのもポイント。

闇ドロップの確保が必要不可欠

最大倍率を出すためには闇ドロップが8個必要になります。4個から倍率を発動することは可能ですが、そこまで倍率が高いわけではないのでなるべく毎ターン闇ドロップを確保しておきたいです。目覚めやターンの早い変換持ちモンスターを編成して、なるべく最大倍率を出せるよう心がけましょう。

サブ評価

適性 スキル系統 変換/消せない状態回復

嬉しいものが詰まった覚醒

フェノンの覚醒には3種耐性があり、完全耐性パーティーを作るときに役立ちます。それでいて、「スキルブースト+」や「操作時間延長+」も持っており、パーティーに一体いるだけで様々な恩恵を与えてくれるでしょう。無効貫通を持っているため、いざという時には無効貫通要員にもなることが可能です。

唯一無二の消せない状態回復スキル

フェノンのは初の「消せない状態回復」スキルを持っています。今まで厄介だったギミックを対策できるモンスターなため、いざという時に役立ってくれること間違いなしでしょう。また、それを抜きにしても6ターン闇列生成という使い勝手の良いスキルになっています。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
スキル遅延耐性 いざという時に使いたい
攻撃強化  無効貫通要員として使うなら
悪魔キラー キラーを振るとしたらこれ

おすすめの超覚醒

順位 潜在 オススメの理由
1 ダメージ無効貫通 攻撃性能を伸ばしたい
2 askill_54 リーダーフレンドで補えればアシストが大きく空く
2 askill_55 雲耐性に同じ

おすすめの覚醒バッジ

フェノン自体が様々な覚醒を備えているため、採用するバッジはステータス系が主になります。
「HPバッジ」で耐久力を伸ばすか「攻撃バッジ」で火力を伸ばすか、あるいは「回復バッジ」で欠点を補うか。
必要に応じてバッジを変えてあげると良いでしょう。

覚醒バッジ一覧
HP 攻撃力 回復

総合評価

サブとしてもリーダーとしても

フェノンは覚醒、スキル共にギミック対策に有用なため、サブに編成すればパーティーを大きくサポートしてくれることでしょう。
また、リーダーとして使えばフレンドと合わせて覚醒が2倍になるため、完全耐性のパーティーが組みやすくなります。闇ドロップの供給や回復力要員など必要なものは多いですが、パーティーが組めれば抜群の安定感を誇ること間違いなしです。
手持ちに応じて自分に合った使い方をしましょう。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 119.4 MB
・バージョン: 4.1.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ