【iOS 13】位置情報の追跡状況を地図付きで通知! 取得理由も説明するように

『iOS 13』から、アプリによる位置情報の追跡状況が目でわかるようになります。

プライバシー保護をより強化


米メディア『9to5Mac』によると、Appleは『iOS 13』からアプリがバックグラウンドで位置情報を利用しているとき、追跡情報をポップアップで通知するようになると発表したとのことです。

通知情報はどのアプリが、どのような位置情報を追跡しているかを地図付きで表示します。

また、そのアプリがどうして位置情報を必要としているのかの説明もつくようです。これはサードパーティだけではなく、『App Store』などのApple純正アプリも対象だとか。

ポップアップ通知からは、位置情報の取得をアプリの使用中のみに変更することもできます。

Appleは『iOS 13』でプライバシーの保護をより強化してきている印象です。本来は不要なはずなのに位置情報を取得しているあやしいアプリはユーザーの端末から消えそうですね。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「9to5Mac」より

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ