【パズドラ攻略】極醒カーリー 評価・考察・使い方

この記事は、「極醒の威女神・カーリー」の評価記事です。
ステータス詳細やリーダー・サブとして使用する場合、参考にして下さい。

※ライターによる考察です。1つの意見としてご覧下さい。

極醒の威女神・カーリー 評価


目次
ステータス詳細 リーダー評価 サブ評価
おすすめの潜在覚醒 おすすめの覚醒バッジ 総合評価
最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

ステータス詳細

極醒の威女神・カーリー

属性 副属性 タイプ コスト
70
HP 攻撃 回復
最大Lv99 4,375 2,624 415
各+99 5,365 3,119 712
限界突破 5,250 3,149 498
各+99 6,240 3,644 795


スキル「オールドロップライズ」 Lv.最大
消せないドロップ状態を5ターン回復。全ドロップのロックを解除し、5属性+回復ドロップに変化。 8ターン
リーダースキル「黒天滅舞踏」
神タイプの全パラメータが2倍。ドロップ操作を2秒延長。5色(4色+回復)同時攻撃で攻撃力が2倍、6色で10倍。
覚醒スキル
バインド耐性 バインド耐性 スキルブースト スキルブースト スキルブースト
封印耐性 コンボ強化 コンボ強化 コンボ強化
付けられる潜在キラー
悪魔キラー
付けられる超覚醒スキル
askill_53 スキルブースト ガードブレイク

リーダー評価

適性 LS系統 HP/全パラ倍率・操作時間延長

攻防を兼ね備えた圧倒的な倍率

極醒カーリーは「20倍」と言う高い攻撃倍率を持っています。大抵の敵は一撃で倒すことが出来るため、火力に困る場面は滅多にないでしょう。また、HPと回復にも「2倍」の倍率がかかるため耐久性能も高く、高難易度のダンジョンでも問題なく戦える性能になっています。

欠損は避けられない

極醒カーリーの最大倍率を出すためには6色全てのドロップを消す必要があります。リーダースキルに操作延長があるためパズル難易度はそこまで高くはありませんが、欠損が発生することは避けられません。陣持ちのモンスターを多めに編成する、助っ人に7×6リーダーを採用するなど何かしらの対策が必要です。

サブ評価

適性 スキル系統 陣・消せない状態回復

優秀な覚醒スキル構成

極醒カーリーはコンボ強化を3つ持っており、アタッカーとして大きく貢献することが出来ます。また、スキルブーストも3つ持っている上超覚醒で増やすこともできるため、パーティーのスキルを早くから使うことが可能です。それでいてバインド耐性や封印耐性といった必要最低限の覚醒も備えている優秀な覚醒になっています。

スキルターンの早い貴重なスキル

極醒カーリーのスキルは「消せない状態5ターン回復&6色陣」という貴重なものになっています。これにより、スキルを使えば確実に6色のドロップを消すことが可能です。また8ターンで使用できるため何度も使いまわすことが可能で、ただの6色陣としても使い勝手のいいスキルです。

おすすめの潜在覚醒

潜在 オススメの理由
スキル遅延耐性 6色陣を使いまわしたい
操作時間延長 超覚醒をスキブなどにするならアリ
悪魔キラー 唯一つけられるキラー

おすすめの超覚醒

順位 潜在 オススメの理由
1 スキルブースト スキブ4持ちにすることが可能
2 askill_53 パズルを安定させたいなら
3 ガードブレイク なくても突破できる火力を出せる

おすすめの覚醒バッジ

基本的には「HPバッジ」か「回復バッジ」で耐久性能を伸ばすことになります。回復力が足りているかどうかで採用するバッジを決めましょう。
また、リーダースキルで伸ばせるとはいえ、パズルが難しいのには変わりありません。場合によっては「操作時間延長バッジ」もありです。

覚醒バッジ一覧
HP 回復 操作時間延長

総合評価

コンボパのアタッカーとして

極醒カーリーをリーダーとして使うには、やはり欠損がネックになってきます。神タイプ縛りの都合上、6色陣持ちや7×6リーダーでも相性のいいモンスターが限られてしまうため、よほど手持ちが揃っていなければリーdーとして運用するのはオススメしません。
反面サブとしては優秀な覚醒と使いやすいスキルのおかげで、アタッカーとしてもサポートとしても活躍することが出来ます。
まだまだ持っているモンスターが少ない「消せない状態回復」スキル持ちでもあるので、ぜひパーティーに編成してあげましょう。

最新情報まとめ モンスター評価
最新記事一覧 究極攻略DBトップ

パズドラ攻略 ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 119.4 MB
・バージョン: 4.1.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ