【電車でGO!!】初代『電車でGO!』4路線が遊べる復刻版とコンパクト筐体の稼動を開始

タイトーは、ゲームセンターで稼働中の電車運転士体験ゲーム『電車でGO!!』にて、初代『電車でGO!』の復刻版が楽しめるようになるVer.5.0への大型アップデートを実施しました。併せて、新ラインナップとなるコンパクト筐体の稼働も開始しました。

『電車でGO!!』Ver.5.0大型アップデートで復刻版が追加

Ver.5.0では、1997年に稼働を開始した、懐かしの初代『電車でGO!』を楽しめる『電車でGO! 復刻版』を新モードとして追加しました。

『電車でGO!!』筐体の4画面を用い、「1997年当時のゲームセンターで電車でGO!を遊ぶ。」をコンセプトに当時のゲームセンターを再現しました。

『電車でGO! 復刻版』では、山手線や京浜東北線、東海道本線、山陰本線の4路線がプレイできます。ほかのモードと同様に、NESiCAを使用してゲーム進行の記録が可能です。

ユーザーのプレイ記録は、PCやスマートフォンから「電車でGO!!」のマイページにアクセスすることで確認できます。

▼初代『電車でGO!』の復刻改訂版がプレイできる『電車でGO! 復刻版』で遊べます。



▼1997年当時のゲームセンターも再現。筐体が「イーグレットII」なのはマニアには嬉しいかも?



『電車でGO!!』コンパクト筐体が全国で順次稼働開始



『電車でGO!!』コンパクト筐体は、2017年より稼働している筐体に続く、「電車でGO!!」シリーズの新たなラインナップとなる製品です。

コンパクト筐体最大の特徴は、現行の筐体と同様にコンパクト筐体も4画面でゲームを楽しむことができ、ゲームのクオリティはそのままに、小規模なロケーションでも設置しやすいサイズになっていることです。

©TAITO CORPORATION 1996, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
JR東日本商品化許諾済 JR西日本商品化許諾済
阪神電気鉄道株式会社商品化許諾済

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ