大切な人と生きる未来のために! くり返される7日間で運命を変える『永遠の七日』プレイレポート

DeNAより配信中のマルチエンディングRPG『永遠の七日』(iOS/Android)。プレイヤーの選択肢によって結末が変わり、遊べば遊ぶほど奥深い世界観や物語に魅了されていく本作をご紹介します。(文:唐傘)

何かを選択し続ける7日間がスタート!


『永遠の七日』は、世界の終末までの7日間を繰り返し続けるマルチエンディングRPGです。物語の舞台は異世界に通じる穴“黒門(ブラックゲート)”の影響で、未知の魔物の脅威にさらされている境界線都市。主人公は魔物に対抗する力を持つ“神器使い”をサポートする“指揮使い”として、彼らとともに戦いながら運命の7日間を過ごすことになります。


マルチエンディングの作品が大好きで、仲間の神器使いたちが美男美女揃いと、私の趣味に刺さる要素しかなかったのでさっそく“指揮使い”になってみました!


物語のオープニングから意味深なセリフやシーンのオンパレードですし、主人公は泣いているし、どうなるのか期待と少しの不安にドキドキしつつ1日目をスタート(その意味は、後ほど嫌というほどわかることになるのですが……)。

美しく心優しい神器使いのアントワーネさんが世界の基礎知識や、指揮使いの役目を教えてくれたので以降は特に困ることもなくお仕事をこなしております。


本作の見どころは、何といっても選択によって常に変化していく物語です。期限の7日目にエンディングを迎えるというのは確定していますが、その間にどこで何をするかはのプレイヤーの自由なんです!


日付が進むごとに確実に世界は終末に向かっていき、「まさか貴方が!」や「なんで、あの人が……」なんてことがたくさん発生します。基本的にはシリアスですがたまに笑ってしまうコミカルなイベントもあり、心が和みました。

境界線都市は秘めた謎も暮らす人もみんなステキで、物語を進めるなかで世界の秘密を探りたい、彼らを悲劇的な未来から救いたいという気持ちがどんどん強くなっていきます。


おもしろい部分であり、悩ましい部分は常に選び続けなければいけないということ。どこに行くか、誰と居るか、選択肢の1つ1つが未来の形を変えていき、時には何か犠牲にするなんてことも……。みんなが幸せになるエンディングもあると信じてます!!


ただせっかくのマルチエンディング作品、真面目に行動するだけっていうのも少し味気ないですよね。ひたすら自宅で休む、仲間の神器使いは親密度を上げることができるのでお気に入りの子とひたすら仲よくする、なんて欲望に忠実なプレイも楽しむことが可能ですよ。

その結果、どんなエンディングを迎えるかは七日間後のお楽しみですけどね。


エリア区を管理して、敵と戦って、指揮使いは大忙し

初回から遊び歩く勇気がなかった小市民な私は、ちゃんと指揮使いの役目をこなすことにしました。指揮使いの仕事は9:00スタートのきっかり12時間勤務、メインストーリーのイベントや、各エリアでバトルなどをするたびに一定の時間が経過し、21:00になると就寝となり次の日へと移ります。12時間の間に出来ることは、エリアの解放&管理、神器使いたちとの交流などさまざま。


私は、メインストーリーの進行に深く関わりそうなエリアの解放を優先的に進めていました。境界線都市には「東方古街」や「中央市街地」など複数の場所があるのですが、物語開始時点では閉ざされており、それぞれの問題をクリアすることで「解放エリア」にすることができます。


未解放エリアでは、バトルが発生。神器使いで3人のパーティを組み、ダンジョン内を探索しつつ、目標クリアを目指します。

ダンジョンのギミックだったり、戦闘のバリエーションだったり、かなりしっかりとしたRPGなのも好感触。使用キャラクターの切り替えどころ、個性的なスキルをどう使うかなど戦術を練りながら遊ぶのが楽しいです。サクサク進めたい方にはオートプレイがオススメ。ただし神器使いが育っていないうちはボスなど苦戦することも多いので、手動とオートを使い分けで遊ぶのが安全そうです。


無事に解放エリアにできたら、その場所はプレイヤーが管理可能に! 出来ることは情報を集めたり、神器使いのエピソードが見られたりする「巡回」、プレイヤーの戦いに役立つ施設を建てる「建設」、施設枠を拡張できる「開発」と出来ることは指揮使いライフに欠かせないものばかりです。


私は序盤「建設」なんて適当でいいだろうと好きなように建物を建てていたんですが、のちにエリアの解放、物語が進めると出来るようになる諜報活動で重要になると気がつき冷や汗をかきました! 

撤去もできるようですが、制限がありますので皆さんは気を付けてくださいね。

そして、運命の最終日がやってきて……

神器使いは基本的にガチャで登場しますが、最初に出会うアンを始め、物語を進めるだけでも魅力的な神器使いたちが仲間になるのもうれしいところ。

彼らの美麗なイベントCGもコレクションできますし、それぞれにエピソードも用意されているので、いろいろな思い出を刻んでいくことができますよ。


個人的にお気に入りの神器使いはカジ! イケメンを好きになるかなと思っていたんですが、物語中の彼女の言動が大好きでカジ推しになっていました。キリッとした性格も顔もかわいく、しかも声が川澄綾子さんなんて最高じゃないですか!!! 彼女とお近づきになろうと決心したときには、運命の7日目になっているという悲劇が起こったのは秘密です。


エンディングについてはネタバレなしでお楽しみいただきたいので、詳しくは語りませんが「絶対にみんなと幸せになろう」と心の中で誓ったことだけはお伝えしておきます。

プレイの内容に応じて周スコアが表示されるので、いろいろなエンディングを探すだけでなく、ハイスコアを目指してプレイするのも楽しそうですね。


最初は7日間は短すぎないかなと思っていたんですが、予想以上に1日でいろんなことができますし、いろいろなエンディングを目指すことを考えるとちょうどいいバランスな気がします。

サクサク遊べるので、私もかわいいカジとの幸せな未来のために新たな7日間を始めました。そして訪れる最初のシーンで、いろんな気持ちが沸き上がってきて、泣いている主人公の気持ちの意味がようやくわかるわけですよ。


あと嬉しい驚きだったのは、2周目から遊べる要素が増えます!

2周目以降は育てた神器使いがそのまま使えるほか、「記憶殿堂」や「時空乱流」など新コンテンツが続々と解放され、2周目から本番感が半端ないです。


いろいろな人物の思惑が渦巻くメインストーリーは読み応えがあっておもしろいですし、コンテンツも充実していてやり込み派も絶対満足できる内容になっています。ぜひ、みなさんも指揮使いデビューしてみてくださいね。

永遠の七日 ・販売元: DeNA Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 1,813.1 MB
・バージョン: 1.23.28
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

©NetEase, Inc. / ©DeNA Co., Ltd. All Rights Reserved

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!