東京都が水道料金のスマホ決済に対応! 『LINE Pay』と『PayB』が7月1日から利用可能

東京都の水道料金・下水道料金の請求書払いで、スマートフォン決済が利用できるようになります。

『LINE Pay』と『PayB』が利用可能に


東京都が水道料金・下水道料金の支払い方法として、スマートフォン決済の『LINE Pay』と『PayB』を7月1日より導入します。

請求書に記載されているバーコードをスマートフォンのカメラで読み取ることで、電子マネー決済が行えるとのこと。

『LINE Pay』はLINE Pay株式会社が提供するサービス、『PayB』はビリングシステム株式会社が提供する銀行系決済のサービスです。

『PayB』に対応する銀行一覧

『PayB』は以下の金融機関が利用できます。

  • じぶん銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 青森銀行
  • イオン銀行
  • 伊予銀行
  • 愛媛銀行
  • 大分銀行
  • 大垣共立銀行
  • 鹿児島銀行
  • 紀陽銀行
  • 佐賀銀行
  • 滋賀銀行
  • 七十七銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 十六銀行
  • 南都銀行
  • 肥後銀行
  • 百五銀行
  • 広島銀行
  • 宮崎銀行
  • 武蔵野銀行
  • 山形銀行
  • 山口銀行
  • もみじ銀行
  • 北九州銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行

決済アプリは金融機関によって異なる場合があるため、『PayB』公式ページから確認してください。

コンビニでのキャッシュレス決済にも対応

『LINE Pay』と『PayB』以外に、コンビニ店頭での以下のキャッシュレス決済にも対応します。

  • FamiPay
  • nanaco
  • WAON(ミニストップのみ)
LINE ・販売元: LINE Corporation
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 433.3 MB
・バージョン: 9.8.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© LINE Corporation

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ