新型『MacBook Air』と13インチ『MacBook Pro』、発売直後からキーボード修理プログラムの対象

Appleが7月9日に発売した新型『MacBook Air』と13インチ『MacBook Pro』は、発売時点でキーボード修理プログラムの対象であることがわかりました。

バタフライ構造キーボードの問題


Appleが7月9日にアップデートを発表した『MacBook Air』と13インチ『MacBook Pro』は、どちらも第3世代バタフライキーボードを搭載しています。

そのため、同キーボードで問題が起きるごく一部を対象とした「MacBook、MacBook Air、MacBook Pro キーボード修理プログラム」に含まれています。残念なことに発売直後から。


対象のキーボードでは、以下の不具合が起きるとされています。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

無償修理の対象のため、上記の不具合が起きた場合はApple Storeや正規サービスプロバイダに相談しましょう。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ