【Nintendo Switch】バッテリー持続時間が倍に!? 新モデルが8月下旬より販売開始。赤いパッケージが目印

任天堂は、Nintendo Switchのバッテリー持続時間が長くなった新モデルを8月下旬より順次発売すると発表しました。

現行モデルの倍近くバッテリーが持続する新モデル



公式サイトを確認すると、現行モデルは約2.5時間〜6.5時間に対して、新モデルは約4.5時間〜9.0時間と倍近くのバッテリー持続時間となる模様です。

※遊ぶソフトによって、持続時間が変わります。
※例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約5.5時間です。
※目安の時間です。使用状況によって、短くなることがあります。

新モデルはパッケージが赤を主体としたものに変わります。「ネオンブルー・ネオンレッド」と「グレー」の2種類のカラーバリエーションです。価格は現行モデルと同じく各29,980円(税別)です。

また、9月27日に発売される「ドラゴンクエストXI S ロトエディション」も新モデルの本体がセットされています。価格は39,960円(税別)です。

また、「Nintendo Switch」の周辺機器として、新色「Joy-Con(L)ネオンパープル/(R)ネオンオレンジ」「Joy-Con(L)ブルー/(R)ネオンイエロー」も発表されています。こちらは10月4日発売となります。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ