【iOS 13】ダークモード設定でバッテリー持続時間30%アップ? 実験結果が公開

iOS 13』のダークモードを設定すると、バッテリーが約30%長持ちします。

海外メディアが検証!

『iOS 13』のダークモードを利用したときに、どれくらいバッテリーの持続時間が変わるのか検証した動画をスマートフォンの性能を比較する動画で知られる海外メディア『PhoneBuff』が公開しました。

動画では『iPhone XS Max』を使って、ダークモードとライトモードで特定のアプリを2時間使ったときにバッテリーがどれくらい消費されるのかを検証しています。

ダークモードのバッテリー消費をテスト

ダークモード、ライトモードでそれぞれバッテリー100%の状態から検証がスタートします。


最初はメッセージアプリでの検証。2時間使ってダークモードは12%の消費、ライトモードは17%でした。


続いて『Twitter』です。消費は16%と26%。


『YouTube』です。消費は29%と37%。


最後に『Google マップ』ですが、こちらは残り26分のところでライトモードのバッテリーが0%になってしまいます。


バッテリー消費の推移はこちら。
『YouTube』の消費が激しく、続いて『Twitter』、(おそらく)『Google マップ』の順です。


ダークモードでのバッテリー消費軽減は、有機ELディスプレイを搭載した『iPhone X』、『iPhone XS』、『iPhone 11 Pro』で効果があります。

有機ELディスプレイ搭載の『iPhone』を利用していてバッテリーもちに困っている人は、ダークモードにしてみてはどうでしょうか?

マックスむらいが動画で解説

マックスむらいチャンネルにて「今すぐiPhoneをダークモードに変えたほうがいい理由について説明します」という動画がupされています。

『AppBank』のビューワーアプリをインストールしよう!

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 62.6 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「YouTube」より

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!