【クロノマギア】じわじわと相手を追い詰める!「恫喝暗殺レオ」デッキ紹介!

今回紹介するデッキは前環境より盤面の処理能力が上がった「恫喝暗殺レオ」デッキです。

デッキ紹介「恫喝暗殺レオ」

こんにちは。shohei(@sh0he1n0)です。

今回紹介するデッキは、新パック「パズル&ドラゴンズR」で非常に優秀な死霊タイプが多く登場したので、それらを採用した「恫喝暗殺レオ」のデッキとなります。
前環境の「恫喝暗殺レオ」より場持ちの良さと盤面の返しやすさが高まり、パワーアップして帰ってきました。

※あくまで雛形のレシピです。
自分のプレイスタイルや手持ちのカードに合わせて入れ替えましょう!


【デッキコード】
137370

【マギアスキル】
ギア1:「恫喝」
ギア2:「暗殺」
ギア3:「覚醒」

コンセプト

従来の「恫喝暗殺レオ」と同様、ギア1「恫喝」でMPを奪いながらギア2「暗殺」を警戒させて、じわじわと相手を追い詰めていくデッキです。

「狂女神エリス」「漆黒の冥界神ハーデス」から出せるトークンカードの攻撃力が高く、「カオスドラゴンナイト ヴォイス」「龍刀 蛇骨姫」で全体ダメージも出せるため、前環境で苦手としていた盤面の処理能力が上がっています。

マリガン

トークンカードを出すことで盤面を維持できる「狂女神エリス」「死を運ぶ者レギンレイヴ」「漆黒の冥界神ハーデス」やそれらをドローすることのできる「魔紳士アザゼル」はキープ候補です。

相手がアグロタイプのデッキだと想定される場合は「忘却の死神グリザル」「カオスドラゴンナイト ヴォイス」で「挑発」を用意できるようにしましょう。

戦い方

マリガンでキープ候補として記載したクリーチャーのセットからスタートして、ギア1「恫喝」を常に打てる状況を継続して保ちます。

「忘却の死神グリザル」のサモン時効果で加えることのできる「忘却の椅子」を「狂女神エリス」や、その「狂女神エリス」の死亡時効果でサモンされた「竜軍神アレース」に使用することで、「軍神の鼓舞」の獲得まで繋げることが可能です。
また、ライフも高く場持ちの良い「死を運ぶ者レギンレイヴ」に使用するのも良いでしょう。

相手能力者を攻撃するタイミングとしては、相手がギア2「暗殺」を警戒してクリーチャーをセットしてこないか、MPの枯渇でクリーチャーを出せないタイミングで、こちらのMPが十分にあり盤面が整っていれば攻撃を仕掛けます。
この時に挑発持ちのクリーチャーが並んでいればなお良いです。

逆にこの状況を作るまで、ギア1「恫喝」とギア2「暗殺」を駆使して盤面を制圧し続け、根気強く試合をする必要があります。

難しいポイントとしては水棲タイプが3枚しか採用されていないため、ギア3「覚醒」を発動するのはほとんど不可能となっており、こちらをリーサル手段として用いれないところです。
その代わりフィニッシャーには「死の審判ラダマンティス」を用意しています。「狂女神エリス」から「軍神の鼓舞」を手札に加えることができていれば、ワンターンで相手を倒しきることも可能ですので覚えておきましょう。

ワンポイント

今回採用しなかった新パック「パズル&ドラゴンズR」の優秀な死霊タイプのカードとしては、「ヴェロアの魔帽子シャズ」「仮装際のロックシンガー ミザリィ」がありますが、こちらは「恫喝暗殺レオ」の弱点である状態異常持ちのクリーチャーの突破やアグロタイプのデッキに対する回答にならなかったため見送りましたが、状況によっては十分に活躍できるカードです。

「闇の星壊機デスファリオン」はアグロタイプのデッキに強く、リーサルにも繋げやすいカードですが、こちらは前環境からTier1として君臨する「ファントムオメガ」デッキのギア1「ファントム」で処理されてしまうため、(このように簡単に処理されてしまうと)コスト分の活躍を見込めない高コストのカードも採用を見送りました。

また、リーサル手段として、水棲タイプの採用も少なくギア3「覚醒」が狙いにくいため、従来通り「アビスシャーク」2枚目や「ミズチ」を入れたり、「聖煌天の麒麟サクヤ」を用いたい場合は、好みでカードを入れ替えてみてください。

クロノマギア Tierデッキ紹介・最新情報はこちら


クロノマギア ・販売元: GungHo Online Entertainment, INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 262.9 MB
・バージョン: 2.6.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. / (C) CHRONO DREAM PROJECT

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!