『楽天ペイ』アプリに『楽天Edy』機能が実装。初利用登録でEdy200円分プレゼント

楽天ペイ』アプリから『楽天Edy』が使えるようになりました。

『楽天ペイ』アプリだけで『楽天Edy』のチャージが可能に!


楽天グループは、スマホ決済アプリ『楽天ペイ』に電子マネー『楽天Edy』の機能を実装したと2月6日に発表しました。

これにより『楽天Edy』アプリをダウンロードせずとも、『楽天ペイ』アプリのみで『楽天Edy』の登録・チャージ・残高照会ができるようになります。

初めての利用登録でEdy200円分をプレゼント!

また、『楽天ペイ』アプリから初めて『楽天Edy』の利用登録をすると、Edy200円分がもらえるキャンペーンも実施されます。


ただしこれらの連携で、『楽天ペイ』と『楽天Edy』の残高が統一されるわけではないためご注意を。

『楽天ペイ』と『楽天Edy』は別のサービスです。

『楽天ペイ』と『楽天Edy』の違いは?

『楽天ペイ』と『楽天Edy』の大きな違いは、支払い方法と支払いの流れです。

『楽天ペイ』はQRコード決済で、後払いです。このため使いすぎると請求が大きなものになります。

『楽天Edy』は電子マネー決済で、先払いです。先にチャージする必要があるため、使いすぎるということがありません(オートチャージもあるため、口座にお金があるかぎりは使えますが……)。

そのほか使える店舗、ポイント還元率、チャージ方法など細かい違いがあります。

連携はいまのところAndroidのみ

注意点として、今回の『楽天ペイ』アプリからの『楽天Edy』の利用は、おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンのみに限定されています。

『iPhone』でも使えるようになるのかは不明です。

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス! ・販売元: Rakuten, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ファイナンス
・容量: 67.8 MB
・バージョン: 3.2.7
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

※画像は「楽天株式会社」より
© Rakuten

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!