【デュエプレ】2/15〜2/16の先行公開カードまとめ。デーモンとエンジェルに新たな力

2020年2月15日(土)〜2月16日(月)に『デュエル・マスターズ プレイス(デュエプレ)』公式Twitterアカウントで発表された、第2弾カードパック「伝説の再誕」の収録カード情報をまとめてお送りします。

初期の定番デーモンがスレイヤー化

《凶骨の邪将軍クエイクス》は、原作TCG『デュエル・マスターズ(デュエマ)』においては「第4弾 闇騎士団の逆襲」(2002年)が初出。スレイヤー能力が追加され、レアリティがベリーレアからスーパーレアに変更されました。

2003年発売の「邪将!奈落デッキ」に確定封入されていた青白いアルトアート版に愛着がある方は少なくないでしょうね。

スレイヤー能力追加によって同コストの《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》や《二角の超人》といったクリーチャーを処理できるようになっているので、スーパーレアへの昇格は妥当でしょう。自分のクリーチャーがいない状況でも持て余しづらくなったことは、非常に大きな変化です。

併用カードの代表格となりそうなものは、同じく相手の手札を捨てさせる《汽車男》や、闇文明では貴重な恒常的手札補充クリーチャー《屑男》などでしょうか。

同種族なら、除去されづらい《呪縛の剣豪バロスト》との併用がおもしろそうです。『デュエプレ』ではコスト6に変更されたので、次のターンに《凶骨の邪将クエイクス》を出す美しい展開も可能です。さらに次のターンに《悪魔神バロム》を召喚できれば素晴らしいですね。

あのドラゴン・ブロッカーが“再誕”

《環剣の精霊アイギス》は『デュエプレ』オリジナルカード。“メカ・デル・ソルの力を取り込んだ”と紹介されている通り、実質的には、原作TCGの「闘魂編 第3弾 超神龍の復活」(2003年)に収録された《光器サーシャ》のリメイクカードです。

《光器サーシャ》
文明:光
種族:メカ・デル・ソル
カードタイプ:クリーチャー
コスト:8
パワー:9500
■ドラゴン・ブロッカー(相手のドラゴンが攻撃するとき、このクリーチャーをタップして、その攻撃を阻止してよい。その後、そのドラゴンとバトルする)
■ドラゴンとバトルするとき、このクリーチャーのパワーは+6000される。
■W・ブレイカー
※『デュエル・マスターズ プレイス』未収録。

《光器サーシャ》と異なり相手プレイヤーへの攻撃こそ不可能ですが、ブロック対象の制限がなくなり汎用的に。コスト5なので速攻デッキに対しても有用です。第2弾以後も長期的優遇に期待できるエンジェル・コマンドであることもうれしいですね。

コストと種族が同じ《青嵐の精霊バルキア》と比べると、パワー6,000なので《火炎流星弾》や《ピーカプのドライバー》といったブロッカー除去カードの対象になってしまうことが難点。しかし対ドラゴン戦では圧倒的に優秀です。

第2弾ではドラゴン関連カードが大幅に拡充されるので、抑止力として覚えておくべきカードでしょう。

関連記事
【デュエプレ】第2弾の先行公開カードまとめ。個別解説記事を読めるリンク付き【伝説の再誕】

『デュエプレ』関連記事は「デュエル・マスターズ プレイス」タグでまとめてご覧いただけます。

デュエル・マスターズ プレイス ・販売元: TOMY Company,Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 887.7 MB
・バージョン: 1.0.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(C)2019 Wizards of the Coast/Shogakukan/Mitsui-Kids
(C)TOMY
(C)DeNA

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!