PokeDia: 何時になにする?Ch-Check it Out!手帳アプリのご紹介。344

戦略もデザインもかっこいい言葉だけど、胡散臭いと思いませんか。ロジカルシンキングとか嘘っぽいと思いませんか。IDEO大好きな経営コンサルタントのEconomy Trapです。

生産性の鬼としては、理想の手帳アプリを探し出すのは一種のライフワークです。それ自体に無駄が多いと?うるさいよ。

今回紹介するアプリは「PokeDia」。手帳アプリど真ん中です。


手帳アプリって一言で言うけど、色々ありますよね。少なくとも僕はかなりの数の手帳アプリを触ってはレビューしてきました。機能で大きく分けると2種類あるんですね。1つは「詰め込み型」1つは「特化型」。で、自由度で分けることもできるんですね。1つは「自由型」1つは「限定型」。画面上どこでもメモれるよ!とかだと自由型です。例えば、メモを書く場所が決まっていたりすると、限定型です。

このアプリは「特化・自由型」ですね。

PokeDia


これが最初の画面です。ふむ。見た目は手帳とメモ帳の間くらいですね。上に日にちが書かれているところは手帳、左に時間が薄く書かれているのも手帳。でも、罫線の感じはメモ帳っぽいですなー。


下にスクロールしてみました。左に書かれている時間が進んでいるのと、下に年月日がでたのはわかりますか?


さて、画面をタップすると、欄が選択されて、文字を打ち込めるようになります。そうです。このアプリを「特化型」たらしめているのは、文字に限定(絵とかかけない)ところにあります。


上の、□にチェックが書かれているボタンを押すと、一番左に□が表示されます。文字はいつもどおり「Economy has trapped!」。もうあれですよね。何で不景気になったかしらないけど、完全にトラップにかかったって感じですよね。そんな不景気の中、手帳アプリのレビューにいそしむEconomy Trapです!


上のパレットを押すと、色の選択画面になります。これは分かりやすくていいですね。僕はこういう分かりやすいの大好きです。


赤にしてみた。レッドにしてみた。レッドといえば、レッドリボン軍。


ちなみに、□はタッチすることで、チェックを入れることができます!これからして、この手帳アプリの使い方として「その日の何時に何をやるか」「やったらチェック」みたいな使い方ができますよね。


下の手帳を開いたようなボタンを押すと、日にちが出てきます。その日に飛べるってわけですね。次に、虫眼鏡を押すと・・・


検索画面が出てきました。まだEconomy has trapped!しか書き込まれてないっての。


さて、以上で紹介は終わりです。いかがでしょうか。振り返ると、このアプリは「特化・自由型」です。水泳の競技かよって感じですが。

僕がこのアプリで好きなところは、さっぱりしているところ。機能も見た目も。「実際人が手帳使うときってどんな風に使っているのだろう」というのをきっちり突き詰めて、それを実装した感じがしますよね。

正しいかどうか。それはあなたが決めることです!

PokeDia
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
おすすめのビジネス・仕事に役立つアプリランキング