Attractor: 3重に音を重ねて集中・癒しを助長するアンビエントアプリ。299

<Attractorの3ポイント紹介>

  • 「海or雨or夜or砂漠の音」×「ぼわ〜〜〜」×「録音した音」=3重に重ねて音を表現
  • 「ぼわ〜〜〜」音については、徐々に減衰する、徐々に盛り上がる、山あり谷ありなど、音の高低を変化させることが可能
  • 一つの画面に機能を押し込んだのは良い選択・・・ただし機能を理解するのがやや大変です

mide Waveを彷彿とさせながらも、またしても特徴的な音響系アプリを発見しましたのでご紹介。


私が「アンビエント系」と便宜的に呼んでいるアプリ郡の特徴は以下の通りです。

  • ノイズ、波の音、雷の音、騒音、町中の音・・・などが入っている
  • 効能として「集中力強化」「睡眠の助け」「癒し」などがあげられている

mide WaveAmbiance、Bloomなどが該当します。それぞれ特徴があって良いアプリなのですが、このAttractorもまた、特徴のあるアプリです。いや、このアプリの場合は「癖のある」といったほうが良いかもしれません。

特徴は「3重」に音を重ねる点。4つの環境音×ノイズっぽい音×自分で録音した音、を重ねたものを聞くというアプリ。今も聞きながら仕事をしているのですが、「自分で録音した音」がはまった時の中毒性はなかなか悪くないと感じました。

  Attractor

Attractor

こちらはヘルツ音(そんな音はないと思いますが)の変化を指定する項目です。

左から、ヘルツ音なし、山→谷→山、変化なし、上昇、下降が選択できます。


Attractor

こちらは音の開始時と終了時のヘルツを指定します。


Attractor

こちらは環境音の指定をします。

左から、環境音なし、海、雨、夜、砂漠。


Attractor

こちらは時間の指定をします。

左から、永久・永劫・無限、10分、20分、30分、60分。


Attractor

P1〜P4は設定の保存です。

Record,Play,Messageは、第3の機能である「音の録音」です。これには声を入れても良いですが、モノをこつこつ叩く音や、iPhoneを振り回して鳴る音などを入れるとまた良いです。


こちらはStrobe。ストロボ。目がチカチカするだけで何の意味もない感じがします。

AttractorAttractor


Attractor

こちらは各種設定。

重要なのはaudio mixer。ここで、環境音、ヘルツ音、録音の音量の大きさを操作します。


以上です!

意外と、「録音」した音を鳴らす機能が良いです。僕は今、「海」「ヘルツ音・変化なし」「iPhoneをこつこつと叩いた音」を混ぜて仕事をしていますが、結構いい感じです。

ぜひ、あなたの阿衡之佐(アコウノサ)としてお使い下さい!

  Attractor
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
おすすめの音楽聴き放題サービスアプリランキング