産休育休: 産前産後休暇、育児休暇を計算するためのツール。1642

産休育休

産休育休 の3ポイント紹介

・労働基準法に準拠
・出産予定日を入力すると、産前産後休暇、育児休暇を計算
・多胎妊娠の場合の計算にも対応

産休育休に関する計算が簡単にできるシンプルアプリ、産休育休をご紹介。


計算までの手順はたった二つ。

多胎妊娠かどうかをチェック。そして、出産日(予定日)を入力。

それだけで、産休育休に関する計算ができます。では早速ご紹介!


産休育休

産休育休

平成22年6月18日に出産日を想定すると、このような結果になるようです。


産休育休

出産日が平成22年6月18日だとしても、多胎妊娠の場合、産前休暇期間が伸びるんですね。


以上です!

計算に特化したシンプルなアプリ!使い方が簡単でいいですね。


産休育休
  • 販売会社URL:産休育休
  • 参考価格:無料
  • ビジネス(Business)
  • 執筆時のバージョン:1.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!