iMindMap Mobile Pro: マインドマップ発明者により承認された唯一のアプリ!1820

iMindMapMobilePro

iMindMap Mobile Proの3ポイント紹介

・マインドマップ発明者のトニー・ブザンにより承認された唯一のマインドマップアプリ
・いつでもどこでも気軽にサクサク使える設計(その分、機能は少なめ)
・PC、Mac用バージョンのソフトウェア「Buzan’s iMindMapからのインポートはできません

やっぱり公式だよな!と考えるあなたに、iMindMap Mobile Pro


マインドマップ。私はこの記述法は素晴らしいと思っていますが、公式のアプリがこちらです。

特別な機能としては、サクサク入力が可能なスピード入力機能や、PDF・PNG・iMMでのエクスポート機能が挙げられます。

また、App Storeでは日本語ファイル名がエクスポートの際に文字化けするというコメントがありましたが、私の環境では再現しませんでした(要するに文字化けせず)。バージョンアップ時に改善されたのだと思われます。

それでは早速ご紹介していきます!


iMindMap Mobile Pro

右上の「+」からマインドマップを作成します。新しいマインドマップのファイル名は「AppMap」。

iMindMapMobilePro
iMindMapMobilePro


数十種類ある画像から適切だと思えるものを選ぶと、その画像を使ってマインドマップの中心が描かれます。

iMindMapMobilePro
iMindMapMobilePro


枝を作成するためには、まず、画像の中心を指でおさえます。すると中心に赤い点ができます。次ぎは、その点を指で押さえてドラッグ!すると右画像のように枝が伸び始めます。気に入ったところで指を放すと・・・

iMindMapMobilePro - 21
iMindMapMobilePro


枝に名前をつけられます。同様に、枝の先端をタップしてドラッグでどんどん枝が生成されていきます。ここで、右下の右端のボタンをタップすると・・・

iMindMapMobilePro
iMindMapMobilePro


ボックス型の枝を生成することも出来ます。さらに、左から二番目の雷ボタンをタップすると・・・

iMindMapMobilePro
iMindMapMobilePro


スピード入力モードに移行します。イチイチ枝をひとつずつ作らなくても、連続でマップを広げていくことが出来ます。ここで左端のボタンタップで、枝の削除などができます。

iMindMapMobilePro
iMindMapMobilePro


iMindMapMobilePro

次に、枝のエディットをしてみましょう。

上から順に見ていきます。


Add New Branch Iconをタップすると、枝にアイコンをつけることができます。以下の例ですと、お家やビルなど。

iMindMapMobilePro
iMindMapMobilePro


iMindMapMobilePro

さらに、Set Branch Color。

これで枝の色を変更することが出来ます。


さらにEdit Map。マップ全体のエディットもできます。中心の画像を変更したり、背景色を変更できます。エクスポートもできます。枝の色を変えて、背景色も変更したマインドマップが右の図です。

iMindMapMobilePro
iMindMapMobilePro


もちろん、横にもって操作することも出来ます。

iMindMapMobilePro


以上です!

ぜひ、一人ブレインストーミング、簡単メモ作成、項目の整理など、様々な用途にご活用下さい!


iMindMap Mobile Pro
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
おすすめのビジネス・仕事に役立つアプリランキング