MemoryMan: 画面を切り替えずにメモ内容を確認。素早くメモ!素早く確認!2778

MemoryMan

この記事はこのアプリの開発者様からの寄稿です。

はじめまして。本アプリを製作した、HANAKU SPACEです。

メモ内容とメモ一覧がひとつの画面に収まったメモアプリ「MemoryMan」をご紹介させて頂きます。

iPhoneにはすでにすばらしいメモアプリがたくさんありますが、画面を切り替えずに内容を確認できるメモアプリは多くはないかと思います。

素早くメモ、素早く確認がしたい!という人にぴったりかと思います。


MemoryMan


MemoryMan

アプリを起動すると、入力画面になります。中央のツールバーに並んでいるは右からモード切り替え、タイムスタンプの挿入、アクションボタン、新規作成となっています。
保存ボタンがないので「あれ?」と思う方もいるかもしれませんが、心配はありません。
モードを切り替えたり、新規作成を選ぶと自動的に保存してくれます。


アクションボタンの内容はこんな感じです。「メールで送信」「クリップボードにコピー」「削除」……そのままですね。
メール送信は本文の一行目が件名に自動的に挿入されます。
また、予め送信先を設定しておくことで、設定したアドレスを宛先に自動的に挿入することも可能です。お勧め送信先はEvernoteやgoogle ドキュメントです。

MemoryMan MemoryMan


一覧を押すとキーボードが隠れてリストが現れます。リストは新規更新順に並びます。
スワイプ操作で削除もできます。アクションボタンから削除って案外面倒ですよね。
ツールバーも一部だけ変わってます。この鍵マーク、けっこう重要なんです。
鍵が開いている時はリストからメモを選ぶとキーボードが現れて、編集を開始します。
鍵が閉じている時は、リストからメモを選んでも画面上部に表示されていたテキストが変更するだけです。

MemoryMan MemoryMan


MemoryMan

全画面を押すと……くるりとひっくり返って。リストが消えました。ツールバーも画面の一番下まで下がってます。左右の矢印はページ送りとページ戻り。わざわざリストに戻らなくても次のメモの内容を確認できます。
新規作成ボタンはここでもツールバーに居残っています。彼がいるからどこからでもすぐにメモがとれるのです。


MemoryMan

アプリの設定は「設定アプリ」から行えます。
送信先はメール送信時にデフォルトで送信先に挿入されるアドレスになります。
テーブルロックは一覧モードでの鍵マークの初期設定です。オフなら鍵は空いていて、オンなら鍵は閉じた状態でアプリが起動します。


MemoryMan

アイコンバッジをオンにすると保存してあるメモの数をホーム画面で確認できます。


MemoryMan

真っ黒ですね。ブラックカラーをオンにすると真っ黒なデザインになります。黒がお好きな方はこちらをどうぜ。


[from HANKAKU SPACE – creat and design for web]

※寄稿したい方はこちら:iPhoneアプリの紹介記事の一般募集について


MemoryMan
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!