PocketMeter: 音が反射して戻るまでの時間から距離を計測。精度がすごくイイ!3113

PocketMeter
PocketMeter


PocketMeter、計測に使うのは音です。まずスピーカーから音を再生。それが物に当たって反射し、マイクに戻るまでの時間を計測します。音速と時間から距離を計算する計測方法です。

そんな計測方法でも使用条件次第で誤差は1cm前後!
十分メジャー代わりになり得ます。

使用時の音には気を付けてください。少々音がうるさいと感じました。

詳しくご紹介します。

※PocketMeterはiPhone 3G/3GS専用に開発されています。対象外のiPhone 4でも正常に動作しましたが、iPod touchでは正常に動作しないようです。ご注意下さい。


PocketMeter

定規モードで計測する

まず、使用する場所の気温を設定します。気温と音の伝わる速度に関係があるからです。
開発元によれば、暖かい時は寒い時よりも音が速く伝わるのだとか。

左:右上の太陽をタップして…
右:気温を設定します。設定気温と実気温に5℃の誤差があっても問題ないそうです。

PocketMeter
PocketMeter


左:次は音量を最大に設定します。あとは画面をタップして計測開始です。
右:耳障りな音が聞こえて、距離が画面に表示されます。タップで計測を終了します。

PocketMeter
PocketMeter


残念なのは非常に音がうるさいこと。使う場所を選んでしまいます。
使用する際は要注意です。

正確に計測するコツ

  • 対象物から垂直の位置にiPhoneを置く
  • 計測中にiPhoneを動かさない
  • 騒音が少ない場所で計測する

PocketMeter

「対象物から垂直の位置」はこんな感じ。


この3つの条件を満たせば、ほぼ正確な長さを計測できます。

レーダーモードで計測する

定規モードによる計測では、音の反響が多い場所で正確な距離が計算できません。
そこでレーダーモードを使います。このモードは複数の推定距離を表示します。

PocketMeter

計測の方法は定規モードと同じです。

最も信頼できる結果は色濃く表示されます。

信頼性の低い結果は薄く表示されます。

反響が多いと波形の波の数が多くなります。


PocketMeter

反響が少ないとこのように表示されます。

波形に余分な波がありません。

ほぼ正確な距離が計測できます。


設定

左:単位、最短距離、距離計測の基準ポイントが設定できます。こちらが標準の設定。
右:「Reference Point」を切り替えたところ。ホームボタンが計測基準になります。

PocketMeter
PocketMeter


何度か計測してみましたが、ほぼ実際にメジャーで測った距離と変わりありません。
ただし、柔らかいもの(例:スポンジ)では音が吸収されるので精度は落ちます。
堅い床や壁、物などとiPhoneとの距離を計測すると高い精度で計測できます。

また、PocketMeterはiPhone 3Gと3GS用に調整されています。今回はiPhone 4で問題なく計測できましたが、iPod touchでは計測できないようですのでご注意を。


PocketMeter
  • 販売会社URL:PocketMeter
  • 参考価格:115円
  • ユーティリティ(Utilities)
  • 執筆時のバージョン: 1.1.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
スマホを便利にするアプリランキング