SEGMENTS: タスクリストや欲しい物リスト作成の前に使え!思考を整理できるツール。3445

Segments
Segments


今回ご紹介するアプリ「SEGMENTS」は、思考をさくっと整理するツール。整理方法は、とにかく二軸を作って分類するという方法!

この分類方法を使うことで「やりたいこと」といったぼんやりしたテーマを、どんどん具体的に落とし込んでいきます。

このアプリは、この分類作業をさくっと行うためのツールです。(いい意味で)機能が限られており、そこまで深く掘り下げることはできません。

実際にやりたいことリストを作るというよりは、本当のリストを作る為の叩き台作成ツールという感じです。

早速ご紹介していきます!


SEGMENTS

Segments

起動したら、右上の「+」をタップ。思考の整理開始!


まずテーマを決めましょう(例:やりたいこと)。テーマが決まったら「作成」。さあ、整理の開始です。

Segments
Segments


次に、二つの軸を決めます(例:重要度、緊急度)。この二つの軸で四つのセグメントが作られるわけです。さて、ここで、各セグメントに当てはまる項目を考えてみます。

Segments
Segments


「重要」かつ「緊急」にやりたいこととして、「AppBank」と入力してみました。このように、右上にAppBankがセットされました。

Segments
Segments


Segments

さらに、右下にも、左上にも項目を入力してみました。

うんうん、いい感じです。

それではここで「色んなこと勉強」をさらに深く掘り下げてみましょう。「色んなこと勉強」をタップ!


Segments

すると、先ほどと全く同じ図が表示されました。

ただし、タイトルが「色んなこと勉強」になっています。

それではまず、軸の作成です。


勉強といえば、やっぱり「費用」と「時間」でしょう!というわけで、色々と入力してみました。私の場合、こんな感じですかね。さらにここで「日々読書」を掘り下げ!!

Segments
Segments


勉強で読書といえば「ビジネス系」か「学術系」か、でしょう。ビジネス系ではなく学術系で最近興味があって本を読んでるのは「論理学」ですね。・・・というわけで、このあたりで一旦、分類をやめてみます。

Segments
Segments


Segments

トップに戻ってきました。

只今作成していた「やりたいこと」リストが用意されています。

これをタップしてみましょう。


すると、このようにリスト形式でみることもできます。(先ほどと同じようにみることも当然できますよ!)

Segments
Segments


このように、このアプリは、テーマをきめて、何度も分類していくことで、そのテーマを具体的にしていくというツールです。

もちろん、テーマは何でもOK。例えば・・・

Segments

テーマ「おうちの片付け」だってOKです!


こんなふうに分類してみました。季節柄、やらないといけない片付けの軸と、費用がかかるかかからないかの軸。うーん、冬を迎えるに当たって色々やっておかないとなぁ。

Segments
Segments


Segments

もちろん、リストもできました。


以上です!

このアプリ、最初はなめてました。うーん、つかいにくいなあ、微妙だなあ、と思ってました。が、いざつかってみると、結構使いやすい上、本当に頭の整理になります。

色んな用途に使うことができますが、やはり、まずすべきは「今、何をやりたいのか」の整理ではないでしょうか。色々整理していく過程で、「こんな本でも次の休日に読もうかなあ」とか「仕事でこの分野にチャレンジしよう!」とか、思いつきそうです。

いいアプリでした!


SEGMENTS
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
おすすめのビジネス・仕事に役立つアプリランキング