PwList(パスワードリスト): ID・パスワードなど重要な情報を暗号化して守ります!716

PwList(パスワードリスト)
PwList(パスワードリスト)


アカウントID・パスワード・口座番号・カード番号・パスポートの情報など、今日ではたくさんの重要な情報を持ち歩かないと生活できません。しかし、そうした情報をそのままの形で持ち歩いてしまうと、誰かに盗まれてしまうかも…。

そうなる前に重要な情報の管理には PwList(パスワードリスト)を使いましょう!

このアプリは登録した情報は「256bit AES」という方法で暗号化するので容易に解読することはできません。また、アプリを起動するにはパスワードを入力しなければなりません。これら2つの対策によって、強固なセキュリティを誇るアプリとなっています。

詳しくご紹介します。


PwList(パスワードリスト)

起動パスワードを設定する

左:初回起動時には英数字からなるパスワードを設定しなければなりません。
右:設定が完了したら、早速パスワードを入力してアプリを起動します。

PwList(パスワードリスト)
PwList(パスワードリスト)


パスワードはアプリ起動時・他アプリからの切り替え時・ロック解除時に入力するよう求められます。いっさい隙がありません。
また、パスワードを5回間違えると全データを削除するオプションも用意されています。

ただ、パスワード自体が簡単なものでは無意味です。容易に突破できないように、英単語などは使わず、大文字・小文字・数字・記号を組み合わせたパスワードにしましょう

アカウントとパスワードを管理する

PwList(パスワードリスト)

アカウントの管理画面。

アカウントは例えば「銀行」「クレジットカード」といったジャンル毎にフォルダに分けることもできますし、フォルダに入れずそのままにしておくことも可能です。

それぞれに付いているアイコンには iPhone に保存されている写真や絵文字、アプリに内蔵されている絵などが設定できます。


アカウントを新たに登録する

左:アカウントには「暗証番号」「口座名」などの項目が自由に追加できます。
右:項目ではその名前・タイプ・値(パスワードなど)を設定します。

PwList(パスワードリスト)
PwList(パスワードリスト)


左:値の代わりに撮影した画像を追加することも可能です。
右:画像のリサイズも可能。サイズを小さくすれば登録に掛かる時間が短縮できます。

PwList(パスワードリスト)
PwList(パスワードリスト)


左:項目の設定が終われば、次にアイコンを設定し、登録先のフォルダを指定します。
右:プリセットの他、絵文字や写真も設定できます。

PwList(パスワードリスト)
PwList(パスワードリスト)


セキュリティは?

登録された項目名とその数値・画像はすべて「256bit AES」という暗号方式によって暗号化されます。そのため登録に時間が掛かる場合があります。

一方でこの「256bit AES」は今現在のところ、どんな攻撃によっても完全に解読されていない、非常に強固なものです。また暗号化したファイルの復元に必要なパスワードも Apple がセキュリティを保障しているエリアに保管されるので、そう簡単に PwList の中身を参照することはできないような仕組みになっています。

また、このアプリは入力したデータをどこかのサーバーにアップロードすることはありません。極力流出する危険性を排除した、非常に丁寧な作りになっています。

アカウントの情報を見る

左:登録したアカウントを開いてみたところ。項目を長押しすると…
右:項目に設定されている値が確認・コピーできます。

PwList(パスワードリスト)
PwList(パスワードリスト)


設定を見直す

PwList(パスワードリスト)

設定では起動に必要なパスワードの変更、スリープから復帰した際にパスワードを求めるようにすることもできます。

セキュリティを重視するなら「データ消去」はオンにしておきましょう。パスワードを5回間違えると全データが削除されます。


最後に PwList(パスワードリスト)のセキュリティ機能をおさらいしましょう。

  • いかなる状況でもアプリを開く際にはパスワード入力が必要
  • パスワードを5回間違えるとデータは全削除
  • 「256bit AES」によるデータの暗号化

特に最後の「256bit AES」による暗号化はアプリのセキュリティを高める、重要な機能です。この暗号化方式はまだ突破されたことがないからです。そのおかげで安心して重要なデータを登録しておけます。

ただし、アプリ開発者の想定外の状況においてはこれらのセキュリティ機能が正しく機能しない場合があります。また暗号化されているとはいえ、データはそこにあるので復元される可能性は限りなくゼロに近いものの、ゼロとは断言できません。

それでもただ単に情報が記された紙やカードを持ち歩くよりも、アカウント情報をばらばらに保存しておくよりも数倍、数十倍も情報が流出する危険性は低くなります。こうした情報を持ち歩かねばならない時には PwList(パスワードリスト)を使って、情報をあらかじめ登録しておくのが、現時点で最も賢い選択と言えるかもしれません。


PwList(パスワードリスト)
  • 販売会社URL:mkami apps
  • 掲載時の価格:115円
  • ビジネス (Business)
  • 執筆時のバージョン: 1.5
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
おすすめのビジネス・仕事に役立つアプリランキング