自炊した書籍にマーカー線を引き、後で見やすいように保存する方法。

スキャンした雑誌や書籍にマーカーを引く方法、お伝えします!

HowToMark


私は、こちら→【保存版】ScanSnap S1500M: 雑誌・書籍の裁断スキャンの方法をやさしく解説。iPadライフが10倍楽しくなります!の記事を書いて以来、大量の書籍・雑誌をスキャンしてiPadで読むようになりました。そんな中、一つの不満を持っていました。

マーカー(線)をサクッと引きたい・・・。

どうしてもマーカーを引きたかったんです。キーボードでメモを追記するという案もありましたが、実際にやってみると大変ですぐに頓挫。気になった所にさっと線をひきたい。そして、さっと見返したい。それが私の理想でした。

そして、色々試行錯誤した結果、私がよい!と思った方法が見つかったので、ご紹介したいと思います。

iPadで素敵な自炊ライフを!

マーカー(線)を引く!

HowToMark

最低2つ、できれば3つアプリを用意してください。

一つ目は、i文庫HD。もし無料アプリが良いという方は、CloudReadersもオススメです。

もう一つは、neu.Notes。使い勝手の良いお絵書きアプリです。

そして最後に、Evernote。作成したメモを保存して持ち歩く際に重宝します。


HowToMark

まず、i文庫HDに、スキャンした書籍をおきます。(書籍のスキャン方法などはこちらの記事で→雑誌・書籍の裁断スキャンの方法をやさしく解説

そして早速読み始めましょう。


HowToMark

バーバラ・ミントの「考える技術・書く技術」を読んでみます。

経営コンサルタントの必読書ですね。


HowToMark

さて、このページでマーカーを引きたいと思ったとしましょう。

その場合、まずスクリーンショットを撮ります。

*スクリーンショットを撮るには、ホームボタン(□マークのついた丸形ボタン)を押しながら、スリープボタン(iPad側面にある少し出っ張ったボタン)を同時に押します。


そして次に、neu.Notesを開き、フォトアルバムから、先ほど撮影したスクショを選びます。

HowToMark


先ほどのスクショを読み込んで、メモ!!

HowToMark
HowToMark


HowToMark

さらに書籍を読んで、気になるページが出来たら、、、


同じようにしてneu.Notesでメモ!

HowToMark


neu.Notesはカンタンにページを増やせるので、メモの保存にはとてもいいんです。(画面左下にあるボタンを使うと、新しいページをどんどん作れます)

HowToMark


i文庫HDとneu.Notesの切り替えは、ホームボタンダブルクリックで行えるマルチタスク機能を利用した切り替えがオススメです。ものすごくスムーズに「スクショ→マーカー引き」を行えます。

作成したメモを保存する!

書籍を読み終えたら、最後に、作成したメモ帳を一つのPDFファイルにして保存しましょう。方法はカンタン。neu.Notesの機能を使うだけです。

画面右上から選択できる「Mail Notebook as PDF」をタップ。すると、PDFファイルをメールで送信する画面が開きます。あとは、このPDFを自分のパソコンに送信!これで、さきほどまで読んでいた本のメモ帳が完成しました。

marker
marker


さらに便利なのが、作成したPDFをEvernoteに保存するという方法。Evernoteに入れておけば、iPhoneからでもiPadからでもいつでも読めます。外出先でふとメモの中身を確認したくなった時などに便利ですよ!

HowToMark
HowToMark


以上です!

いかがでしたでしょうか?もしかしたら「めんどくさそう」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。でも、一度やってみてください。想像以上にサクッとできますし、あとからEvernoteですぐにチェックできる便利さにも驚かれるはずです。

今までは一度読んだ本を読み返す機会などほとんどありませんでした。ゆえに、本を読んで「この内容は日々実践したい!」「これは気を付けたい!」と思っても、なかなか出来ていませんでした。しかしこの方法なら、いつでもポイントだけを読み返せるので、とってもいいです。今まで以上に本を活用してる!という感じがしています。ぜひやってみてください!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!