EveryTrail Pro: 自転車で旅するあなたにぴったりな、チャリ旅行記録アプリ。1296

Everytrail
Everytrail


EveryTrail Pro は、チャリ旅行の記録アプリ。RunKeeperのような、定期的なトレーニングを記録するアプリではなく、小旅行を写真やテキスト付きで保存する「旅行記録」アプリです。

自分が進んだ道筋を記録できます。さらに、画像や動画(Pro版のみ)を付けることも可能です。さらにPro版だと、こんな風に自分の記録をウェブ上にアップして公開することも可能です↓

横須賀美術館から鎌倉 at EveryTrail

他には、EveryTrailユーザーが作成した旅行記を読むという楽しみ方も可能です。

それでは詳細をご紹介していきます。


EveryTrail Pro

自分の旅を記録してアップしよう!

Everytrail

機能が4つあります。まずは自分の旅を記録しよう!

ということで、「Track a Trip」をタップ。


Everytrail

逗子からスタートです。

走るぞー!


逗子から横須賀を経由してもっと先に行きました!画面左上から、写真を撮ることもできます。

Everytrail
Everytrail


Everytrail

旅が一段落したら、Upload and Share Tripをタップしましょう。アップロード&シェア!


タイトルをつけて、アクティビティ(今回は自転車の旅立ったので、Road biking)を選択しましょう。

Everytrail
Everytrail


Everytrail

そしてShareをタップしてアップロード!!


Everytrail

さて、マップの表示方法には複数あるので、それを確認します。

・Map:通常のマップ
・Satelite:サテライトマップ
・Hybrid:通常+サテライトマップ
・Terrain:地形マップ(すみません、、ちょっと詳しくはわかりません)
・Midnight:地形マップの夜バージョン
・Street:道路マップ

後半の3つを確認してみましょう。


左がTerrain、右がMidnight。

Everytrail
Everytrail


Everytrail

こちらはStreetです。色んな表示方法があるのは面白いですね。


他のユーザーの旅を覗いてみよう!

Everytrail

画面下部から「Search」を選択します。

まずは、自分が今いる場所に近い旅を検索することをオススメします。

デフォルトで、自分の近隣を探してくれるように設定してありますので、ここは迷わず「Search」をタップしましょう。


Everytrail

すると、Guides(ガイド:写真・動画に加えて、テキストによるデータがついているもの)の検索結果はゼロでしたが、Tripは発見できました。

早速一つ選んでみましょう。


Everytrail

横浜から鎌倉への旅が記録されているようですね。僕も一度、鎌倉と横浜を自転車で往復してみたいです。


道のりと、所々の写真をみることができます。ここで、「Add To My Map(画像ではRemove From My Mapと書かれてます)」をタップしてみましょう。すると、、、

Everytrail
Everytrail


Everytrail

横浜から鎌倉への旅が、地図上にプロットされます。

要するに、この道順を参考にしつつ、自転車の旅をすることができるわけですね。コレよいな!!


Guidesもみてみましょう。Guidesはその多くが有料です。一つ買ってみました。

Everytrail
Everytrail


こちらは彦根城の周辺を回る旅のガイドのようです。道順とその説明文がかかれています。うーん、これは便利かも。

Everytrail
Everytrail


最後に設定を確認!

Everytrail

画面下部のMoreをタップ。ここでは「Settings」と「Map Downloads」について解説します。まずは「Map Downloads」から!


Map Downloadsでは、あらかじめ決められた範囲のマップをダウンロードすることができます。電波が届かない所でも地図をみながら旅するには便利ですね!ただし、データの形式は、Terrain、Street、そしてMidnightに限られます。また、ダウンロードには少々時間がかかるのでご注意下さい。

Everytrail
Everytrail


次に、Settingで注目ポイントをみていきます。

Everytrail


Everytrail

確認しておきたいのが「GPS Distance Threshold」。

これは、どれぐらいの距離を走ったらGPSデータを取得するかの設定です。短くしすぎると、電池の消費が早くなります。長距離を移動する時は、距離を大きくとるとよいでしょう。


Everytrail

説明不要ですね。m/kmにしましょう。


Everytrail

こちらは、写真を撮影した時の挙動。

Picture Resolutionは写真の解像度、Save to Camera Rollは、撮影した写真をカメラロールに保存するか。それぞれお好みで設定しましょう。


以上です。

多機能で驚かれた方もいるかと思いますが、「旅を記録してシェアする」という観点でみると、一本筋の通ったアプリであるとわかると思います。色んな所を自転車や車で旅する、それを道順込みで記録したい。そんな方にぴったりだと思います。


EveryTrail Pro
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!