harman/kardon Soundsticks™ III: 小型な 2.1ch システムなのに高解像度な中音・高音域+迫力の重低音が楽しめる!

harman/kardon Soundsticks™ III


iPhone/iPad とは切っても切れない関係にある「音楽」。これをもっと楽しむためには高音質なスピーカーが不可欠なもの。今回ご紹介する harman/kardon Soundsticks™ III はそんなスピーカーの1つです。

高音・中音域を担当するサテライトスピーカーと低音を担当するサブウーファーの 2.1 ch なサウンドシステムなのですが、その出力は 40W とかなりのもの。しかも、どんなジャンルの音楽にも合う、味付けがなくて素直でクリアな音色を奏でてくれます。


AppBankStoreでチェック

harman/kardon Soundsticks™ III をチェック!

外箱はこんな感じ。

harman/kardon Soundsticks™ III


内容物を確認しましょう。

1. サテライトスピーカー:左右でそれぞれ10ワットの出力
2. サブウーファー:出力は20ワット

harman/kardon Soundsticks™ III


3. オーディオケーブル:両端がステレオミニプラグで長さが1.5メートル
4. 変換ケーブル:RCA ピンをステレオミニジャックに変換します
5. AC アダプタ
6. 電源ケーブル:AC アダプタとコンセントに接続して使います

harman/kardon Soundsticks™ III


このようにケーブル類はサブウーファーに接続します。1 には AC アダプタ、2 にはサテライトスピーカーから出ているケーブル、3 はオーディオケーブルです。

harman/kardon Soundsticks™ III


オーディオケーブルのもう一方は…

harman/kardon Soundsticks™ III


もちろん iPhone!ステレオミニジャックのあるデバイスなら何でも接続できます。さらに赤と白の RCA 出力端子があるデバイスも、付属のケーブルを使えば接続できます!

harman/kardon Soundsticks™ III


サブウーファーはクラゲのようなデザインが特徴的。重さは2.2キロでサイズは直径が約23センチ、高さはおよそ25センチ。ウーファーにしては小柄です。

harman/kardon Soundsticks™ III


スピーカーは15センチ径のネオジウムドライバー。これ一つで20Wの出力を誇ります。

harman/kardon Soundsticks™ III


電源を入れると白色の LED が点灯!
サブウーファーの筐体をうまく使ってスピーカーを美しく演出します。

harman/kardon Soundsticks™ III


裏側はこんな感じ。サブウーファーの音が出る部分には均等に穴が空いており、2.2キロの重い筐体を4つのゴム足が支えます。基盤が透けて見えるのが良いですね。

harman/kardon Soundsticks™ III


サテライトスピーカーには2.5センチ径のネオジウムドライバーを4つずつ搭載。
これで0.7キロずつ、合計で1.4キロあります。

harman/kardon Soundsticks™ III


スピーカー部にはサブウーファー同様、均等に穴が空けられています。また、サブウーファーの音量のみを調整するダイヤルがあり、より低音を強調して聴くこともできます。

harman/kardon Soundsticks™ III


サテライトスピーカーの足は金属にゴムを巻いた輪。これを前後に動かすことでサテライトスピーカーの位置を微調整できます。

harman/kardon Soundsticks™ III


右のサテライトスピーカーには触れるだけで調整できる音量ボタンがあります。iPhone のようなスピーカーに直接繋いだだけでは得られない音量で音楽を楽しめます。

harman/kardon Soundsticks™ III


総評:どんな音楽もそつなく奏でる、素直なスピーカー

スピーカーによってはジャズが得意だったり、ロックが得意だったり向き不向きがあるものもありますが、harman/kardon Soundsticks™ III は余計な味付けがないので素直に、あるがままの音楽を楽しめますね。また、ひとつひとつの音がクリアで高解像度なので、オーケストラやバンドなどで演奏される1つ1つの楽器の音色を楽しむことができます。

ですから iPhone/iPad で再生する楽曲ファイルのビットレートやフォーマットが気になってきます。試しに 128kbps の MP3 と Apple ロスレスでエンコーディングした曲を聴き比べてみましたが、その差は歴然。特に MP3 の高音と低音の物足りなさが顕著となり、このスピーカーシステムで聴くならすべての曲を Apple ロスレスにしないともったいないなと痛感させられました。

こうした音がサテライトスピーカーとサブウーファーをポンと置き、iPhone をオーディオケーブルで繋ぐだけで聴けてしまうのは驚きです。harman/kardon Soundsticks™ が3代にも渡ってモデルチェンジを繰り返してきた理由が分かりますね。

どんな人に向いている?

もともと音にこだわりのある方はもちろん、今持っているスピーカーより1つ上の音を聴いてみたい方にも、難しい調整を行うことなく、手軽に高品質な音を耳にできるこの製品はオススメです。

また、高音・中音を重視するならサブウーファーのボリュームを下げたり、逆に低音を重視するならサブウーファーのボリュームを上げたりと、好みに合わせて音の味付けを簡単に変えられるので、音に好みのある方でも満足できるはずです。

これが2万円程なのですから、私は買いだと思います。


AppBankStoreでチェック
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!