[PR] i agenda: ポップでファンシーなデザインのスケジュール管理アプリ。多彩な色分けと写真添付などでカスタマイズが可能。無料。

i agenda
携帯電話やスマートフォンの定番機能はいろいろありますが、常に持ち歩いてすぐ取り出せる点で、スケジュール管理の機能が用意されているのには非常に説得力があります。当日のスケジュールを確認しながら移動したり、急なアポイントが入って記録したりするなど、今までにもカレンダー機能を使い込んできた人が多いのではないでしょうか。

iPhone/iPod touchにもアップル純正の「カレンダー」アプリが標準で入っています。予定の入力や編集はもちろん、リマインダの設定や(Mac限定ですが)iCalとの同期など、アップルならではの操作感で利用できます。その一方で、他社によるスケジュール管理ソフトもApp Storeで配信されており、これら他社製ソフトには、アップル純正のアプリにはないプラスアルファの価値が期待されるのが当然と言えます。今回は、その中から「i agenda」を紹介します。



i agenda


i agenda アプリをタップすると、起動画面の後で白を基調とした画面がパッと広がります。1日単位でのスケジュールが最初に表示され、入力した予定がアイコン・開始時刻・終了時刻などとともに分かりやすく配置されています。このシンプルな画面と見やすい色使いが本アプリの特長です。(なお、本稿の画像にある予定はすべてフィクションです。)

予定の表示画面では、左にフリックすると1つ前に、右へフリックすると1つ後に移動できます。日単位・週単位・月単位の表示画面で同様です(後述しますが、日時を入力する時のカレンダー画面では操作が異なるので注意)。


i agenda 画面右上の「+」アイコンをタップすると、新しい予定が入力できます。スケジュールの表示画面で先に日時を選択しておけば、開始日時と終了日時にその日が仮入力されています。予定の時刻を入力するには24時間制で、太枠の付いた窓の下線部分(これがカーソルに当たります)に対し、画面下の数字をタップします。このとき、時や分が1桁だと頭に「0」を入力する必要があります。 画像を見ると分かりますが、時の1桁目には0/1/2のいずれかしか入力できません。分の1桁目にも、0〜5のいずれかしか入りません。


i agenda 日付を入力しなおす必要がある場合には、その入力枠をタップし(選択できたら枠が太くなります)、さらに画面下のカレンダーで日付を選択します。月を切り替えるときには、月表示(月を示す英語+西暦)の前後に表示された「<」「>」をタップすると、それぞれ先月・来月へ変わります。カレンダー表示には少し時間がかかるようですので、あせらずに操作しましょう。


開始日時・終了日時の入力欄の下には、アイコンの選択と予定の入力ができます。アイコン(最初は青色です)をタップすると、30種類もの選択肢が表示されます。アイコンのとおりに予定を分類してきっちり使うのも良いですが、それがちょっと面倒かなという人なら、一番下の5色アイコンで色分けだけしてしまうのでもOKです。月単位の表示にしたときに色分けの便利さが分かるはずです。

i agenda i agenda


そのほか、予定入力画面では「場所」「アニバーサリー」「カウントダウン」「お知らせ設定」「繰り返し設定」「写真添付」が設定できます。たとえば「アニバーサリー」は、毎週・毎月・半年ごと・毎年のいずれかで繰り返しアラートを出せます。「カウントダウン」は、1週間前・30日前・90日前・120日前のいずれかから、一定の期間を置いて(毎日・1週間ごと・30日ごとで選べます)アラートを設定。なお、アラートはいらないが定期的に繰り返す種類の予定には「繰り返し設定」を使うと便利です。

i agenda i agenda


i agenda アラートを設定すると‥‥こんな感じでフキダシが表示されます。案外しつこく出てきます(笑)。


i agenda ところで、予定の入力画面にはこんなメニューもあります。ここで「添付」する写真は、その場で撮るか、iPhone/iPod touch本体に保存されているものを使うか、いずれかが選べます。


このように写真を入れてみました。すると、アイコンの代わりに写真が表示されます。

i agenda i agenda


一通り予定を入力し終えたら、一覧してみましょう。表示を切り替えるためには、画面下に並ぶ5つのアイコンをタップします。左端から、「日単位表示」「週単位表示」「月単位表示」です。なお右の二つは「メール送信」と「設定画面」ですが、これらについては後ほど。

週単位の表示はこうなります。入力済みの予定のアイコンと開始時刻が一覧できます。表示する週を前・後に切り替えるには左右へフリック。1日に複数の予定が入っている場合には、アイコンが多段に並んで表示されます。ちなみに、タップして選択した日の予定が画面下に一覧できます(スクロール可、月単位表示でも同様です)。

i agenda i agenda


i agenda 月単位の表示はこう。予定の入っている日には、写真を添付しているかどうかにかかわらず、設定されたアイコン色が数字に重なって表示されます。ですので、写真とは別にあらかじめアイコンを選んでおくことをオススメします。(この画面では、1日に複数の予定が入っている場合は、それらのアイコンの色が多段に表示されます。)


i agenda 以上が i agendaの主要機能の紹介になりますが、どのようなアプリでも「手に馴染む」ようになるにはカスタマイズの項目が重要です。画面下の歯車アイコンをタップしてみましょう。「検索」「設定」「ヘルプ」とメニューが3つ表示されます。


「検索」メニューでは、アプリ内に保存されている予定から任意のキーワードで予定を検索できます。たとえば「Facebook」で検索すると‥‥筆者のデータでは、すでに終了した過去の勉強会がヒットしました。

i agenda i agenda


i agenda 「設定」メニューでは、「デザインスキン設定」「インフォメーション設定」「カレンダー週始まり設定」「カレンダー祝日設定」に更に分かれています。


i agenda このうち「デザインスキン設定」では、画面表示を2種類から選ぶことができます。これまで見てきた画面が「WHITE」、そして黒が基調の「BLACK」があります。この黒い画面もいい感じ。


i agenda 「インフォメーション設定」では、「アニバーサリー情報」と「カウントダウン情報」を自動でポップアップさせるかどうか設定できます。予定の入力で設定しておいたアニバーサリーとカウントダウンを、ここで一括して切っておくことが可能なわけですね。


i agenda 「カレンダー週始まり設定」は、カレンダー関係のアプリでは定番とも言えるカスタマイズ。要するに、1週間の表示を日曜始まりにするか月曜始まりにするか、というアレです。このアプリでは週の始まりを任意の曜日に設定できます。


また「カレンダー祝日設定」では、さまざまな国の祝日をカレンダーに反映できます。リストにあるのは、日本の他、アメリカ・イギリス・フランスなど全13か国分。

i agenda i agenda


i agenda 歯車アイコンで出てきたメニューの残り、一番下の「ヘルプ」ボタンをタップすると、アプリがSafariに切り替わって、インターネットで提供されるヘルプに接続されます。

i agendaの主要機能とカスタマイズをここまで見てくると、色使いやデザインに凝った文房具を思い起こさせる機能美と、シンプルなレイアウトになかなか好感の持てるアプリだと分かります。そういえば、メニューの中にももう一つ小技が盛り込まれているんですよ!


i agenda 画面下の右から2番目の「封筒」アイコン。ここをタップすると、「予定をメールする」のと「Meetingモード」が使えます。「予定をメールする」では、予定がずらりと並ぶメール作成画面が開きます。宛先を入力すれば、あとはすぐ送信できます。


「Meetingモード」では、まず都合の良い日付をタップして選択し、「選択した候補日でメールを送信」をタップ‥‥その日付が入ったメール作成画面に。ここでも宛先を入れれば、相手にミーティングの希望日を送信できる仕組みです。使い道がいろいろありそうですね。

i agenda i agenda


画面の見やすさ、色分けによる一覧性の高さなどを考えると、ポテンシャルは非常に高いアプリです。

現在リリース記念として、2011年6月30日まで無料ダウンロードサービス実施中!!


i agenda
  • 販売会社URL:Mark’s Inc.
  • 掲載時の価格:無料
  • ビジネス
  • 容量: 3.6 MB
  • 執筆時のバージョン: 1.0.1
iPhone アイコン
i agenda
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!