リアルタイム受信対応前の ezweb.ne.jp で受信したメールを他のアカウントに移動する方法

本日から au 版 iPhone は ezweb.ne.jp 宛のメールをほぼリアルタイムに受信できるようになりました。これについての詳細・設定方法は以下の記事をご覧ください。

au の iPhone4S が @ezweb.ne.jp のリアルタイム受信に対応

一方で au が公開している方法で設定を行うと、リアルタイム受信対応前の ezweb.ne.jp 旧アカウントに加えて対応後の新アカウントが追加されてしまいます。

ここで問題なのは、旧アカウントで受信していたメールが新アカウントには移行されていないという点です。

また、旧アカウントと新アカウントでは全く別のサーバを使っているようなので、旧アカウントのサーバが終了してしまうと過去のメールは見られなくなる可能性があります

そこで今回は、旧 ezweb.ne.jp アカウントで受信したメールを他のメールアカウントに移動する方法をご紹介します。

メールの移動方法

メールを移動する前提条件として、ezweb.ne.jp アカウント以外にもメールサービスのアカウントが必要となります。

今回の記事では iPhone ユーザーであれば誰でも利用できる、iCloud のメールサービスを使っています。まだ iCloud をご利用でない方は以下の記事をご覧ください。

iCloud を使い始めよう!設定、同期、ブラウザからアクセスなどなど、基本を解説します。

左:メールアプリを開き、【アカウント】欄から【iCloud】をタップ。
右:iCloud のメールボックス一覧が表示されたら、右上の【編集】をタップします。

Ezweb
Ezweb


左:次に右下の【新規メールボックス】をタップ。
右:メールボックスの名前は「Ezweb」などに設定して【保存】をタップします。

Ezweb
Ezweb


Ezweb

これで iCloud のメールボックス一覧に【Ezweb】が追加されます。


左:次に先ほどの【アカウント】欄から【Eメール(ezweb.ne.jp)】をタップ。
右:移動したいメールのあるボックスに移動し、右上の【編集】をタップします。

Ezweb
Ezweb


Ezweb

移動したいメールを選び、【移動】をタップします。


Ezweb

【Eメール(ezweb.ne.jp)】のメールボックスが表示されるので、左上の【アカウント】というボタンをタップします。

すると、画像のように iPhone に登録されているメールアカウントのリストが表示されます。ここでは iCloud にメールを移動するので【iCloud】をタップしましょう。

リアルタイム受信に対応した ezweb.ne.jp アカウントは選択できませんでした。


Ezweb

iCloud のメールボックス一覧が表示されるので、先ほど作成した【Ezweb】フォルダをタップしましょう。

これでメールが【Eメール(ezweb.ne.jp)】から【Ezweb】フォルダへ移動されます。

3G 回線経由でも Wi-Fi 回線経由でも、移動するメールの数や容量によって作業完了までには時間を要する場合があります。

確実に作業を完了するため、ステータスバーのキャリア表示【KDDI】と時計の間にある、くるくるまわるインジケーターが消えるまで、メールアプリを開いたままにしておきましょう。


iCloud の【Ezweb】フォルダを開いてメールがあるかどうかを確認します。また、【Eメール(ezweb.ne.jp)】の移動元となったメールボックスもチェックしましょう。

メールが無事移動できていれば作業は完了です。

*なお、元の状況に戻したい場合、同様の手順で、メールを移動先フォルダから元フォルダへ再度移動下さい


なぜメールを移動する必要があるのか

記事冒頭でもご紹介したように、リアルタイム受信に対応した ezweb.ne.jp のメールアカウント・サーバは対応前のメールアカウント・サーバと異なるからです。

対応後のメールアカウントは Microsoft Exchange 仕様となっており、サーバのアドレスもメールボックスも対応前のアカウントとは異なるものになっています。

よって、対応前のアカウントのサーバが利用できなくなれば、対応前に ezweb.ne.jp で受信していたメールはすべて読むことができなくなる可能性があります。

対応前のアカウントのサーバがいつまで利用できるのか、あるいは今後も利用できるのかについては au が発表を行っていないので、執筆時点では不明です。

AppBank では、このような状況で対応前のアカウントに重要なメールを残したままにしておくことは危険と考え、万が一に備えてメールを移動する方法をご紹介した次第です。


なぜ iCloud に移動するのか

本来であれば、リアルタイム受信対応前のアカウントから対応後のアカウントへメールを移動する方法をご紹介したかったのですが、AppBank で検証したところ、それが実行できませんでした。

おそらく対応前のアカウントが IMAP アカウントであったのに対し、対応後のアカウントが先述の通り Microsoft Exchange アカウントであったためだと考えられます。

いずれにせよ、iCloud に移動する方法をご紹介したのは、iPhone ユーザーであれば誰でも iCloud を利用できるからです。メールアプリでメールを移動できるのであれば Gmai であろうと Yahoo! メールであろうと Hotmail であろうと問題ありません。


最後にご確認ください

現時点でリアルタイム受信対応前のアカウントから、対応後のアカウントへのメールの移動方法について、au から正式な発表はありません。今回ご紹介しました方法は AppBank が検証した一時的な対処法であり、どの環境でもこの方法で成功したとは確認できていないため、ご使用の環境によっては成功しない場合もあります。

また、今回ご紹介しました方法を実行した際に、メールを紛失する可能性も皆無ではありません。これらの可能性についても考慮された上でお試しください。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!