iPad 第3世代 保護フィルム/防指紋エアーレス/光沢: 時間が経つと気泡が消える。指紋もつかないフィルム。

時間が経つと気泡が小さくなるエアーレス保護フィルムの色んな特徴が詰め込まれた最強フィルム、「iPad(第3世代)/保護フィルム/防指紋エアーレス/光沢」のご紹介です。

エアーレスフィルム (1)


気泡が入っても大丈夫と安心しながら保護フィルムを貼れるのは嬉しいですよね♪
曲がって貼らないように、ホームボタンやカメラの位置を気にしながらフィルムを貼れるオススメのフィルムです。

気泡を気にしなくていいだけじゃなく、保護フィルムを貼っても気づないぐらいの透明感があるという特徴があります。
それ以外にも指紋や汗、ファンデーションなどを簡単に拭き取れるという特徴もあります。

それでは、さっそく詳細をチェックしていきましょう。


AppBankStoreでチェック


パッケージ内容をチェック!

パッケージを開けると、中には保護フィルム本体(1番)、ホコリ取りシール(2番)、クリーニングクロス(3番)、フィルム貼付用ヘラ(4番)が入っています。

エアーレスフィルム (2)


このシリーズの商品を購入した方は、ぜひ読んで納得、触って実感して欲しいのがパッケージの後ろに書かれてあるコレ。
時間が経つと気泡が小さくなっていき、目立たなくなっていくそうです。

エアーレスフィルム (3)


さっそくフィルムを貼ります

ホームボタンの位置を合わせることと、カメラの穴の位置を合わせることに集中したため、気泡が入るのなんてお構いなしに貼りました。

エアーレスフィルム (4)


このまま24時間放置してみます。
パッケージには、放置する前に付属のヘラで、押し出せる気泡は押し出すように案内されています。
今回は、わかりやすくするためにヘラでは押し出していません。

24時間後、気泡が見えなくなった!

フィルムを貼った後、iPadを触っちゃいけないなんてルールはありませんが、気泡を指で押し出してしまいそうになるので触らず放置しました。

結果、いかがでしょう。
あれだけひどかった気泡が全然目立たなくなりました。

エアーレスフィルム (5)


近くによると、まだ小さく気泡が残っているのがわかるのですが、遠目にみるとキレイさっぱり気泡がなくなっているように見えます。

エアーレスフィルム (6)


ファンデーションを塗りたくってみた

パッケージにはファンデーションの汚れも、簡単に拭き取れると書いてあったので実験です。
まるで顔に化粧をするかのようにポンポンと。

エアーレスフィルム (7)


しっかりとファンデーションの粉が付いています。
この状態から付属のクリーニングクロスで拭ってみました。

エアーレスフィルム (8)


ファンデーションも簡単に拭きとれ指紋もつきにくい

ファンデーションが広くのびることもなく、ささっと拭きとれました。
拭き取る際にベタベタ触った指紋も、力を入れることなく拭き取れました。

エアーレスフィルム (9)


フィルムをつけていないかのような透明感でこの性能。
すっごくオススメのフィルムです。

エアーレスフィルム (10)


時間がたつと気泡が消えてゆく「エアーレス」シリーズのフィルムには色々なタイプがありますが、指紋防止、フィルムをつけていないかのような光沢仕様になっているこちらの商品は私のオススメです。

これだけ高機能なのに値段も高くないのがとっても嬉しいです。
ぜひAppBank Storeをチェックしてみてください。


AppBankStoreでチェック

オススメiPadケース・カバー

背面の傷をしっかり守ってくれるオススメケースはこちら。
エアージャケットセット for iPad 第3世代: 大人気 パワサポ製 ラバーコーティング素材 のケース登場。

Apple純正のSmartカバーが使えるオススメケースはこちら。
SOFTSHELL for iPad fits Smart Cover: 背面のロゴもしっかり見える柔らかくて耐久性に優れたケース。

スタンドにもなるケースはこちらがオススメ。
TUNEFOLIO for iPad (第3世代)/iPad 2: 自由に角度を調整できるスタンドとしても使える丈夫なケースです。

iPadをすっぽり収めるバッグ型のケースはこちらがオススメ。
mKeeper Sleeve Gento iPad 2 / iPad: 使い手をよく考えた、持ち運びに便利なバッグ。

キーボード一体型カバーはこちらがオススメ。
AppBankStore : 【iPad(第3世代) iPad2】 ロジクール ウルトラスリム キーボードカバー: ロジクール: ケース


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!