【昼刊】エフェクトを確認しながら撮れるカメラアプリまとめ。写真加工が面倒な人にオススメ。

トイカメラ (15)
「撮ったあとに加工するのが面倒だ!」

という面倒くさがり屋さんには、
“撮影時からエフェクトをかけた状態を確認しながら撮れるアプリ”がオススメです。

今回は、そんなエフェクトを確認しながら撮れるカメラアプリを集めました。


エフェクトを確認しながら撮れるアプリってどういうこと?

トイカメラ (14)
「エフェクトを確認」とは、撮影時から画面にエフェクトがかかった状態で、撮影ができるアプリのことです。

簡単にいうなら、色メガネをかけて、景色を見ている状態です。

画面に色がついてることによって、後で加工しなくても、撮るだけで加工ができた写真が撮れるのです。


カメラロールから読み込んで加工もできるアプリたち。

「カメラロールから読み込んで加工」というのは、すでに撮ってある写真に、加工をすることもできるという機能です。[撮影同時加工]+[すでに撮ってある写真の加工]という二刀流です。


Instacam

トイカメラ (13)
エフェクトがついた画面で、被写体を物色中です。

左下のアイコンをスクロールして、エフェクトを切り替えれば、画面の色も変わります。

これで良ければ、右下のシャッターを押します。


トイカメラ (12) Instacamで撮影した写真がこちら。

なかなかいい感じにできました。

アプリはこちらから→Instacam


SuperPopCam -入門トイカメラ

トイカメラ (11)
このアプリは撮影時だけでなく、撮影直後でもエフェクトを選べます。

例えばこのように、緑がかった【HOLLYWOOD】というエフェクトで撮りましたが、左にスワイプすると、別のエフェクトを試すことができるのです。


トイカメラ (10)
SuperPopCamで撮影した写真がこちら。

「撮影しながら」でも「撮影直後」でも「すでに撮ってある写真」でもエフェクトをかけれちゃいます。

入門トイカメラというだけあって、とても使いやすいアプリでした。


詳しい使い方はこちらをご覧ください。
入門トイカメラ SuperPopCam: エフェクト例を見ながら撮影。誰にもおすすめできる新生ToyCamera。1067 – AppBank


カメラロールからの読み込んで加工はできない。ただし動画に対応!

これらは、カメラロールからの読み込んで加工はできません。撮影からのみ、このエフェクトを楽しむことができます。
ただし、これらは動画にも対応しています。エフェクトのかかった風景の動画が録れます。


Lens+

トイカメラ (9)
こちらのLens+は、エフェクトの種類が多いアプリです。

30種類あります。

選びきれない多さですが、シャッターの右のアイコンをタップすると、このような一覧表示ができるので、解りやすいですね。


トイカメラ (8)
また、上のメニューバーでは、フレームや日付をつけることもできます。


トイカメラ (7)
撮影中のエフェクトがついた映像はこんな感じです。

また、右下のアイコンを、カメラ→動画に切り替えれば、動画を撮る事ができます。


トイカメラ (6)
Lens+で撮影した写真がこちら。

オススメ機能が多いので、ついつい説明が長くなってしまいました。

加工した写真は、[アプリ内のみに保存] or [カメラロールにも保存]と、選ぶこともできます。


詳しい使い方はこちらをご覧ください。
Lens+: 6つのフィルター効果をリアルタイムでプレビューしながら撮影できるカメラアプリ。 – AppBank


PowerCam™

トイカメラ (5)
これは唯一、動くエフェクトが撮れます。

ちなみに、これは雪が降っている映像が録れます。

動きは動画でしかわかりませんが、動画用エフェクトがあるのは、PowerCam™だけです。


トイカメラ (4)
これは、青い光が放射線状に広がったエフェクトです。

これには動きはありませんが、全体的に、変わったエフェクトが多いアプリです。

シャッターが、すでに写真用と動画用に分かれているので、撮り分けしやすいです。


トイカメラ (3)
PowerCam™で撮影した写真がこちら。

エフェクト数は全部で60種類とこの中では最多。

珍しい写真が撮りたい方に、オススメです。


詳しい使い方はこちらをご覧ください。
PowerCam™: エフェクトを確認しながらカメラ&ムービー!レアなエフェクト豊富な60種類入り!無料。 – AppBank


変わり種な加工写真が撮れる。

Lenses

トイカメラ (2)
これは撮影時から画面が4つに分かれています。

同じ風景ですが、それぞれ異なるレンズで写した映像が表示されます。

そのレンズにふれると、その写真が撮れます。

特に変わってる映像が撮れるのが、右上のシンメトリー。


トイカメラ (1)
Lensesで撮影した写真がこちら。

このように、間に鏡を置いたような写真がとれます。


詳しい使い方はこちらをご覧ください。
Lenses: 撮る前から効果がかかって4画面表示!才気溢れるカメラアプリ!295 – AppBank


色んなカメラアプリを紹介していきます。

第1回目:写真加工が苦手な人へ、加工方法を紹介しました。

【昼刊】写真加工が苦手な人むけ。トイカメラのエフェクト組み合わせ術。 – AppBank

第2回目:写真加工が面倒な人へ、エフェクトを確認しながら撮れるカメラアプリをまとめました。
今回です。


マミルトン的総括

「写真加工が面倒な方にオススメ」と言いましたが、写真加工が好きな方にもオススメですよ♪エフェクトのついた画面をみながら、写真を撮ると、いつもと違った風景が見れてもっと楽しくなります。

また、エフェクトで加工後が見えてるわけですから、エフェクトの効果を確認しながら撮れるというメリットもあります。

ただ、元写真というのが残らないので、元写真を残しておきたいという方は、ご注意ください。

近日公開の記事にて、これらのアプリが大活躍します。

近日公開の記事にて、これらのアプリが大活躍します。
そのために、事前にこれらのアプリをご紹介させて頂きました。
えぇ、ネタフリです♡どんな記事になるか、お楽しみに♪

明日の昼刊はegakuさんです♪

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!