LiveAction Camera Grip: 写真が片手で撮りやすいシャッター付きカメラグリップ。三脚つけれます。

iPhoneに取り付ければ、片手で楽々シャッターが押せちゃうカメラグリップのご紹介です。

LiveAction (11)


iPhoneで撮影する時、たいてい両手で撮りますよね。
薄いので、デジカメのように片手で握れないし、無理して握っても落としそうで怖い。
そんなiPhoneでの撮影を、片手でしっかり握れるアイテムが、このLiveAction Camera Gripです。

滑らかな表面と、握りやすいように設計されたフォルムは、グリップ感抜群で、しっかりと握れます。ドック部分に差し込んで装着するので、外れて落ちる心配もありません。またグリップの上部には、静止画用と動画用のシャッターがそれぞれついてるので、写真だけでなく動画も簡単に撮ることができます。

専用のカメラアプリは、シンプルで使いやすく、タイマー機能もついているので、三脚を使えば記念撮影も楽々です。

専用のカメラアプリはこちら。(無料)→Belkin LiveAction

※専用アプリでないと、シャッターボタンが使えませんので、ご注意ください。

それでは、詳しくみていきましょう。


AppBankStoreでチェック


LiveAction Camera Gripを動画でチェック!


パッケージです。
イメージ写真で、アプリと握り方が確認することができます。

LiveAction (10)


内容物は、クリップ本体と説明書です。

LiveAction (9)


グリップは、Dockに差し込むのでしっかり固定します。

LiveAction (8)


滑らかな表面で、握りやすいよう設計されています。
くぼんでいる部分に指をひっかけるように、持ちます。

LiveAction (7)


iPhoneのDockに差し込むように装着します。

LiveAction (6)


しっかりとささったら、装着完了です。
さっそく撮影してみましょう。

LiveAction (5)


専用アプリで撮影してみます。

専用アプリは、シンプルな機能なので、標準アプリと変わらない使いやすさです。
タイマーは、5秒と10秒の2種類あります。
専用のカメラアプリはこちら。(無料)
Belkin LiveAction

LiveAction (4)


人差し指をおく場所に、シャッターボタンがあります。
黒いボタンが静止画のシャッターで、赤いボタンが動画用です。

LiveAction (3)


シャッターの反対側には、三脚を設置するネジ穴が付いているので、三脚を使いたい時にもオススメです。

LiveAction (2)


裏側は、とってもシンプルですが、全体的に丸みを帯びたフォルムが、握りやすさの秘訣です。

LiveAction (1)


片手で、撮りたい時にサッと撮れる、iPhone用カメラグリップ。
三脚を装着することもできるので、iPhoneでよく写真を撮る方に、是非オススメしたいアイテムでした。


AppBankStoreでチェック


オススメiPhone 4S / 4用ケース・カバー

AppBankでレビューしているiPhone 4S / 4用ケース・カバーのまとめはこちらから。
【保存版】おすすめの iPhone 4S/4用ケース・カバーのレビューまとめ。

すっぽりiPhoneを覆う形の硬いケースはこちらがオススメ。
Granite Collection for iPhone 4S/4: レトロカラーなケースで、オシャレを楽しもう。

柔らかい素材でできたしっかりiPhoneを守ってくれるケースはこちらがオススメ。
SwitchEasy Colors Pastels for iPhone 4: ホームボタンまで保護できるケース。付属品も魅力的。

iPhoneの見た目を大きく変えず、でも机に置いたときの擦り傷から守ってくれるバンパーはこちらがオススメ。
フラットバンパーセット 木目調: AppBank Store だけでしか買えない渋くてカッコイイ限定カラー登場。

iPhoneの着せ替えが楽しめるスキンシールは、こちらがオススメ。
レザーカバー for iPhone4/4S: 使い込んだ革の風合いが魅力の、背面用スキンシール。


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!