iFiles: 動画・音楽・PDFなどを管理できる万能ファイラー。整頓されたデザインで使いやすい!

iFiles
iFiles


仕事のメールをiPhoneで読んでいる方は、pdf、zip、doc、xls、jpg… などいろいろな種類のファイルがメールで添付されていることと思います。

そんなファイルたちをiPhoneで見たい。そしてiPhoneの中で管理したいという方にオススメのアプリが iFiles です。

iPhoneのファイラーと言えばGoodReaderというイメージが強いと思いますが、iFiles もなかなかやりますよ。私はこのアプリをメインで使っています。

早速ご紹介していきましょう!

各種ファイルがアプリ内で再生できる

Homeというディレクトリが表示されました。右下の+ボタンがファイル追加です。新規でテキストファイルを作成したり、カメラロールから写真や動画を追加することができます。

iFiles iFiles

動画をカメラロールから追加して再生

iFiles
カメラロールから動画ファイルを追加してみました。


iFiles
タップして動画の再生です。


写真はスライドショーでも見れる

今度は写真を追加してみました。再生ボタンを押すと、スライドショーが始まります。

iFiles iFiles

PDFももちろん見れる

iFiles
PDFももちろんアプリ内で再生可能です。

指定ページに直接飛んだり、ページのサムネイルを右側に表示したりなど閲覧に便利な機能がついています。


テキストファイルの文字化け対策も!

MacとWindowsでファイルをやりとりすると、文字コードの違いの影響が出ることがあります。
iPhoneの標準ビューワーで化けたファイルをiFilesで開くと、文字化けが解消されてきちんと読むことができます。文字コードを変換することもできますよ。

iFiles iFiles


zip圧縮できます!解凍もできます!

iFiles
複数の写真をzip圧縮して送りたい時にもiFilesは使えます。

Editボタンをタップすると、複数ファイル選択モードになるので、左に表示される丸をタップしてチェックをつけましょう。

iFiles
画面下に表示されるメニューからzipを選択してください。

ファイルがzip化されるので、ファイル名を入力して完了です。

ファイルのコピーや移動もこの方法と同様 に、選択後一度に行えます。


Wi-FiやBluetoothで他デバイスへファイル送信

iFiles
Editモードにして、画面下のバーを横にスライドしてみましょう。

Shareというメニューが表示されました。

こちらで、他の(iFilesがインストール済みの)デバイスへファイルを送信することができます。


送りたい相手のデバイスを選択し相手が許可すると、送信が始まります。
Wi-Fi版のiPadに入っている写真をiPhoneからメールで送りたい…なんていう時に役立ちますよ!

iFiles iFiles


iFiles
画面下のバー、検索ボタンはファイル名で検索。

Aというマークはファイルの並び順を指定できます。


iFiles
上部のバーのディレクトリ名をタップすると、上の階層に移動することができますよ。

Dashboardを見てみましょう。


クラウドサービスとファイル同期

iFiles
iFiles はiPhone内のファイルを管理できるだけではありません!

なんとiCloud、Dropbox、Flickr、GoogleDocsなどのファイルを閲覧・管理もできるんです。

+からサービスを追加してみましょう。


iFiles
iCloud
Flickr
Google Docs
Facebook
Picasa
Dropbox
など16種類のサービス(または接続方法)が使えるんです。


Flickrを追加してみました。

iFiles iFiles

iFiles
Flickrはすべての写真が見られるだけでなく、SetやTagsなどFlickr上での設定を元に見ることができます。


iFiles
写真一覧でEditすれば、指定した写真を一気にダウンロードすることもできます。

例えば、Flickrの写真をDropboxにバックアップしたい!なんていう時にもこのアプリさえあれば簡単。


iFiles
Dropboxも同期してみました。

簡単で動作が軽快。

これは間違いなく純正アプリより使いやすいです。


パソコンからも簡単にデータ転送

iFiles
同じWi-Fiネットワーク上につないだパソコンとiPhoneなら、iFiles にファイルを入れるのは簡単です。

DashboardでWi-Fiマークをタップしてみてください。

Wi-Fiシェアリングモードが有効になります。


表示されたURLをブラウザに入力すると、ファイルアップローダーが表示されます。
この画面が見やすいのが非常によいですね。ファイルのアップは複数選択可能で、とっても楽でした。

iFiles

以上です!

ご紹介した以外にもこんなことができます。

  • パスコードロックでセキュリティを高める
  • アプリのテーマを変更して好きな色味にできる
  • ウェブページをローカルに保存できる

機能が盛り沢山すぎてご紹介しきれませんが、iPhoneでファイルを管理したい方にはぜひチェックしていただきたいアプリのひとつです。

iFilesはGoodReaderのライバルと言えるアプリですが、私はアイコンとアプリのデザインの綺麗さで、こちらを使うことにしました。ごちゃごちゃしていないのがいいんです。ぜひお試しください!

おすすめ iPhone アプリ
開発 Imagam.com
掲載時の価格 ¥350
カテゴリ 仕事効率化
容量 9.3 MB
執筆時のバージョン 1.9.4
iFiles
iFiles

iPhoneでファイル管理・アップロードならこんなアプリ

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!