Rondo Player: コンサート会場で聴いているように感じられる音楽プレーヤー!無料。

音の出ている方向や広がりを変えられるRondo Playerを紹介します!

pauls0121rondo
pauls0121rondo


変わった機能を持つ音楽再生アプリです。端末を持ちながら体の向きを変えると音の出る方向が変化します。また音が聞こえる距離を変えることもできます。目をつぶりながら使っていると、まるでコンサート会場にいるようです。

それでは詳しいレビューをどうぞ!

音が出る向きの変化を実感しよう!

pauls0121rondo
アプリを起動します。曲を選択する画面から好きな曲を選びます。


pauls0121rondo
僕の世代ではありませんが、大滝詠一の「さらばシベリア鉄道」で冬の空気に浸ることにしました。大滝詠一といえば「君は天然色」が有名です。


iPhoneを手に持って体の向きを変えると音が聞こえる向きも変わりました!音の出ている方向が見て分かるようになっています。

pauls0121rondo
pauls0121rondo


大滝詠一が歌っている会場で動き回っているように感じます。やっぱり良い声だな〜&爽やか!

音が鳴る距離の変化を実感しよう!

3つのサークルをタップすると効果の強さを変えられます。大きいサークルほど音が遠くで聴こえます。まるで大ホールで聴いているようだ〜!

pauls0121rondo
pauls0121rondo


基本的な操作

pauls0121rondo
【Reset】をタップすると音が出る方向を正面に戻します。

【Lock】をタップすると現在の音の向きを固定します。

【Rondo】をタップすると効果をオン・オフできます。


pauls0121rondo
曲の操作パネルは5秒程で隠れてしまいます。画面右下か上中央付近をタップすると再表示できます。


設定を変更する

画面を右にスワイプするとサイドメニューを表示します。【Settings】をタップして設定画面に移動します。

pauls0121rondo
pauls0121rondo


pauls0121rondo
【Show Help】:画面にヘルプを表示します。

【Auto Center】:音の出る方向が徐々に正面に戻るようにします。

【Highest Quality】:再生音質を変更します。ONにすると高音質になります。

【Color】:アプリのテーマカラーを変更します。


カラーを変えてみました!綺麗なネオンカラーです。

pauls0121rondo
pauls0121rondo


pauls0121rondo
左上のアイコンをタップしても、サイドメニューを表示・非表示できます。


曲の聞こえ方を変えると今まで聴き流していた音に気付けます。自分の聴いている音楽に飽きてきた人は試してみてください。いい所を再発見できるかもしれませんよ!

おすすめ iPhone アプリ
Rondo Player ・開発: Dysonics
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ミュージック
・容量: 22.2 MB
・バージョン: 1.0

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!