addLib U: 自分の撮った写真をレトロな雑誌風に加工できるアプリ。

自分で撮った写真を雑誌風に加工できるaddLib U – グラフィックマガジン作成アプリのご紹介です。


自分の撮った写真を複数選択し、本物のような雑誌にしてくれるアプリです。
※実際に雑誌にできるわけではありません。

自分の写真を計10ページの雑誌のように加工してくれます。レトロ調の雑誌のデザインがとてもおしゃれで可愛い♡自分の写真をより魅力的なものに仕上げてくれます。

ひとつの写真加工アプリとしてもおすすめですよ。

思い出の写真を雑誌風にして、いろんな人に自慢しちゃいましょう!

addLib Uの動画をチェック

撮った写真を一冊の本にしよう

使い方を説明します

アプリを起動した最初の画面がこちらになります。青枠のボタンをタップして、写真を選んでいきます。

黄色いボタンはとっても便利なオートモードです。


オートモードとは

オートモードを選ぶと、アルバムから写真を自動で選び、自動で雑誌を作ってくれます。

すぐに雑誌を作ってくれるので一度試してみてくださいね。

今回は、マニュアルモードで自分で好きな写真を選択していきます。


写真へのアクセスを許可すると、アルバムにある写真を読み込んでくれます。(フォトストリームの写真は読み込めません)

写真を選択し、タップしましょう。写真は4枚まで選択出来ます。


選んだ写真は、画面下のマスに表示されます。選んだ写真のサイズを編集するには、その写真を選択します。


2本指で拡大・縮小をして選んだ写真のサイズを編集します。


写真の編集が終わったら、右下の【チェックマーク】をタップしましょう。

すぐにサンプル雑誌が完成しました!雑誌をタップして見てみましょう。


本物の雑誌みたいです!

60〜70年代のアメリカのスタイルを再現しているようです。

色合いもレトロですね。


テキストを変えて自分だけの雑誌に

ページを表示している画面で下の【T】をタップしましょう。

ここで、画像横のテキストの編集ができます。


【Main】のところが、画像横のテキストになります。この段階では自動で文字が入力されています。

下の【Sub】で日付の変更ができます。写真を撮った日を入力すれば、思い出アルバムになりますね。


右から左にスワイプして次のページに行きます。

選択した写真が1枚でも4枚でも、ページ数10ページの雑誌になります。


選んだ画像をこんなにおしゃれに加工してくれます。

右下の青枠のマークをタップすると、そのページをアルバムに保存したり、Twitterなどに共有できます。(保存・共有できるページは表示されているページのみです)


使い方が分からなかったら…

ホーム画面の右上の【i】をタップするとメニューが表示され【Take a tour】を選ぶと、使い方を確認できます。


作ってみました!

カズさんが1ページ目に載っています。ナイススマイルですね!

色合いもレトロ調で可愛いです♡


本当にポスターにできそうな写真です。写真を選ぶだけでここまでやってくれるのはすごく嬉しいですね。


作った雑誌は、ホーム画面に並べられます。本物の雑誌のようです!

作った雑誌をパラパラと見ていると、雑誌に自分の写真が載っているように思えて嬉しい!

過去に作った作品を見返すのも楽しそうでね。


個人的に、このレトロ調の雰囲気がとても好きです!簡単に自分の写真を雑誌風に加工することができますよ。

ぜひ使ってみてくださいね。

おすすめ iPhone アプリ
addLib U - グラフィックマガジン作成アプリ ・開発: WOW.inc
・掲載時の価格: ¥170
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 47.0 MB
・バージョン: 1.0.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
おすすめのカメラ(写真)アプリランキング