新米ママ日記。カメラボタンに触れてしまった後に撮影をキャンセルする小技。(昼刊)

0704hirukan こんにちはfanです。

暖かい日と寒い日が順番に来るような陽気が続いてますね。毎日服選びも困るし、体がついていきません。
そして追い打ちをかけてくる花粉。今年はやばいですよマジで!!花粉症の方はすでにお気づきかと思いますが、花粉症でない方も今年デビューを飾ってしまう方が例年より増えるのでは!?と思うほどに飛んでます。飛んで飛んで回って回ってます。

そんな時はですね、是非spring_mao氏の名作アプリ、花粉チェッカーで今日の花粉状況をチェックしてからお出かけくださいませ!・・・とさりげなくオススメしてみたり(笑)

さて閑話休題。本日の新米ママ日記は好評なカメラのお話をば。子どもの写真を撮るとき、iPhoneカメラのシャッターボタンに触れて、準備万端後は指を離してシャッターを切るだけ!・・・が、待てど暮らせどこっちをむかない、なんてことありませんか?

そんな時に失敗写真を撮ることなく、撮影をキャンセルする方法があるんです。今日はそんな便利ワザをご紹介します♪


超カンタンにキャンセルできちゃうぞ

0206hirukan
せっせとはらぺこあおむしの人形で遊ぶ我が家のベビー。

掴んで振り回して「見てみて!すごいでしょ!」とばかりにこちらを見ていたので写真におさめようとカメラを向けると・・・なんでまったくこちらを見なくなるんですか・・・。


0206hirukan
・・・2分経過。ねばりましたがやはり目線くれず。今回は撮影断念。

ですがカメラボタンを押してしまっているのでこのまま離すといらない写真が撮影されてしまいます。そこで指を青い線の枠内にスライドさせると・・・無駄な写真を撮ることなく撮影がキャンセルできちゃうんです!


0206hirukan
赤ちゃんやペットなどはこちらの都合だけで一発OK!とはいかないですからね。おさえておくとちょっとだけiPhoneライフが便利になるかも?

ちなみに再度チャレンジしたらあっさりこっちを向いてくれました。遊ばれているのはこちらのほうなのか・・・っ!?


いかがでしたか?

そう珍しくもない小技らしいのですが、私はつい最近気がつきました・・・(汗)
でっ、でも3GSからiPhoneユーザーですが未だに新しい発見があるiPhoneってすごいよね!ってことで。

ではまた来週の新米ママ日記でお会いしましょう。
明日はmamiruton

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!