天文学 3D Astronomy, Constellation and Star Chart: 夜空を見ながら使いたいアプリ!

星座や星の位置がわかる天文学 3D: Astronomy, Constellation and Star Chartを紹介します。

pauls0201ten
pauls0201ten


このアプリを起動してiPhoneを空にかざすと星座や星の位置を表示してくれます。コンパス機能を使うので、自分の目の前にあるのがどんな星かわかります。

このアプリを使うと星座や知りたい星の位置がわかります。自分の星座は知っていても、星空から見つけられる人は少ないのではないでしょうか?

星の情報も見られるので宇宙が好きな人に特にオススメします。夜空を見るのが楽しくなりますよ!

それでは詳しい使い方をどうぞ!

動画で見る



プラネタリウムビュー

pauls0201ten
アプリを起動すると【夜空】画面が表示されます。

iPhoneのコンパス機能を使っているので、自分の前にある星を表示してくれます。

画像のオリオン座は冬の星座です。オリオンとはギリシャ神話に登場する狩人の名前です。彼はこん棒を持っていますがわかるでしょうか?


pauls0201ten
地平線の下は暗く表示されています。

自分の見える星座を表示してくれるので便利です。


ピンチイン・ピンチアウトすると天体を拡大したり縮小できます。星座を見るときは縮小するとわかりやすいです。ちなみに僕はおひつじ座です。メェ〜。

pauls0201ten
pauls0201ten


星はタップすると、情報を見られます。情報ページで右上の【W】をタップするとウィキペディアのページを表示します。

pauls0201ten
pauls0201ten


pauls0201ten
右上のコンパスをタップすると、コンパス機能をオフにして指で動かせるようになります。

天体を自由に動かしてみるのも楽しいですよ!こんな星座があったのか〜と勉強になります。

ちなみに僕のお気に入りはクジラ座。クジラといってもギリシャ神話の化けクジラなんです。


フルマップモード

pauls0201ten
画面下メニューの【モード】から天体の表示を変えられます。

【フルマップモード】では登録されている全ての星を表示します。


pauls0201ten
夏の大三角形の一つ、アルタイルも見られます。

今の時期は西の方角で地平線の下にあるんですね。


3Dモデルモード

地球を中心とした3Dモデルを表示します。地球と惑星の位置関係がわかります。今は太陽と水星と火星が横に並んでるんですね!

pauls0201ten
pauls0201ten


ブックマーク機能

ブックマーク機能で気になる星をいつでもチェックできます。星をタップして選択したまま、画面下の【ブックマーク】をタップします。

pauls0201ten
pauls0201ten


左下の【+】から名前を入力して項目を追加すると、ブックマークに登録できます。

pauls0201ten
pauls0201ten


星を探そう

画面下メニューの【一覧】から登録されている星の一覧を見られて、検索もできます。名前をタップすると【夜空】画面で表示します。

pauls0201ten
pauls0201ten


設定

pauls0201ten
【設定】から表示設定や仕様を変えられます。


指定した時間の天体を見ることもできます。2012年の5月21日に合わせてみると日食が起きていました!

pauls0201ten
pauls0201ten


最近ボイジャー1号が天王星の近くにあることを知って驚きました。人間の作ったものがそんな遠くにあるのを考えると不思議な気持ちになります。

このアプリでボイジャー1号は見られませんが天王星は見ることができます。広い宇宙に思いをはせるのもロマンチックで良いですね。

天体が好きな人はダウンロードをオススメします。普段空を見上げない人もこのアプリで星について知ってみませんか?

おすすめ iPhone アプリ
天文学 3D: Astronomy, Constellation and Star Chart ・開発: Sanville Software
・掲載時の価格: ¥170
・カテゴリ: 教育
・容量: 13.1 MB
・バージョン: 3.1.5

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
▼アプリランキング情報
おすすめの勉強・教育アプリランキング