Safariで拡大できないウェブページでも文字を大きく表示する方法。

AppBank の主任です。iPhone/iPad の疑問にお答えする「教えて!AppBank」。今回は以下のご質問に回答いたします。

appbankの表示文字を拡大するには? 高齢者にはせっかくの貴重な記事が読めません。どうすればいいでしょうか。readabilityを使えるようにできるとか。

【利用環境】
・デバイス:iPhone4s
・デバイスの OS:iOS6.01
・キャリア:au

iPhone 用に最適化されているウェブページではピンチアウト(2本の指を広げる操作)による拡大ができません。AppBank もその1つです。

そうしたウェブページでも文字を大きく表示する方法は2つあります。

解決策1:Safariの「リーダー機能」を使う

Safari にはウェブページの文章・画像を別の方法で表示する「リーダー機能」があります。これを使えば文字サイズを調整できます。

左:アドレスバーの【リーダー】をタップ。
右:左上のボタンで文字サイズが調整できます。

教えて!AppBank
教えて!AppBank


残念ながらこの機能はウェブページが一定の条件を満たさないと利用できません。どんなページでも文字サイズを調整できるようにするには、以下の解決策がオススメです。

解決策2:Readabilityのブックマークレットを使う

Readability というウェブサービスを使うことで、ウェブページの文字サイズが調整できるようになります。

利用するには iPhone の Safari で以下のウェブページにアクセスします。
Bookmarklets – Readability

左:「Read Now」下の欄をタップします。
右:全選択してコピーします。

教えて!AppBank
教えて!AppBank


次にどのウェブページでも良いので Safari でブックマークします。

左:メニューボタンをタップします。
右:【ブックマーク】をタップしてブックマークします。

教えて!AppBank
教えて!AppBank


左:ブックマークボタンをタップ。
右:【編集】をタップします。

教えて!AppBank
教えて!AppBank


左:先ほど登録したブックマークをタップ。
右:下の URL 欄に先ほどコピーした文字列をペーストして保存します。

教えて!AppBank
教えて!AppBank


ブックマークの名前は分かりやすいものに変えておくと後々便利です。

文字サイズを変えたいウェブページを表示します。

左:ブックマークボタンをタップ。
右:先ほど編集したブックマークをタップ。

教えて!AppBank
教えて!AppBank


左:変換が終わるとこのようにウェブページが表示されます。
右:【Aa】で文字サイズが変えられます。

教えて!AppBank
教えて!AppBank


いずれの方法も一定程度までしか文字を拡大できず、一部のコンテンツが正しく表示されない場合もあるのですが、かなり読みやすくなると思います。ぜひお試しください!

iPhone/iPad に関するご質問は以下のウェブページで募集中です。
よくあるiPhoneの質問 | 教えて!AppBank

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!