iOS 6.1.3でもパスコードロックの迂回が可能。簡単な対策で悪用を防ぎましょう。

AppBank の主任です。先日、パスコードロックを迂回する不具合が修正された iOS 6.1.3 が公開されましたが、その iOS 6.1.3 にも新たな不具合があるようです。

YouTube に投稿された、以下の動画でその不具合が検証されています。

この不具合を利用すれば電話をかけたり、メッセージを送ったり、着発信履歴・連絡先・カメラロール/アルバムの写真にアクセスできます。

原因は「音声ダイヤル」と呼ばれる、Siri が搭載される以前から iPhone で利用できた音声認識によるコントロール機能と思われます。

この「音声ダイヤル」をオフにすれば、この不具合を利用して第三者が勝手に着発信履歴を見たり、連絡先・写真にアクセスすることを防げるようです。

詳しい手順は以下の通りです。

左:設定アプリを開きます。
右:【一般】をタップ。

iOS 6.1.3 iOS 6.1.3


左:【パスコードロック】をタップ。
右:「音声ダイヤル」をオフにします。

iOS 6.1.3
iOS 6.1.3


この不具合が起こるのは Siri が使えない iPhone 4 よりも前の機種、あるいは Siri を機能制限でオフにしている機種のみという情報もありますが、確定した訳ではありません。

音声ダイヤルを使っていないのであれば、上記の対策を行うことをお勧めいたします。

参考(順不同)

関連記事

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!