YONEYAMA MOBILE SUIT NiNjA: 職人による完璧な鏡面仕上げ。その輝きから目が離せない!!

メタルケース好きを魅了してやまないiPhoneケースが!!

hagane - 01


iPod Classicのような鏡面磨きのYONEYAMA MOBILE SUIT NINjAです。1枚のステンレスから打ち出されたそのフォルムと、エッジ処理まで気を使っている職人の心遣いにベタ惚れです。

吸い寄せられるような輝きとカーブがいつまで見ていても飽きません。たとえ傷つきやすいケースでも、大切に長く使っていたい気持ちになります。

日本の職人魂をみせつけられる素晴らしいケースの詳細をご紹介します。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼


NiNjAの美しさを動画でご確認ください

ケースはしっかりとした四角いパッケージに収まっています。パッケージに描かれた石の意味は後ほどご紹介します。

hagane - 02


箱を開けると輝くケースの登場です。キラッキラの表面に指紋がつくことを恐れてしまうほどです。

hagane - 03


職人の鏡面仕上げがどれほどなのか、ケースの上でピースサインをしてみました。まさに「鏡」。こんなにもクッキリと映り込みます。

hagane - 04


角はiPhone 3GS…いや、往年のiPodのように丸みを帯びています。この絶妙なカーブが、とても手に馴染みます。

hagane - 05


ケースの内側は樹脂コーティングされ、iPhoneとの接触面にはクッション素材のウレタンが貼られています。

hagane - 06


こちらのケースには定期的なメンテナンスが必要です。金属の特性上、着脱を繰り返すと多少変形し、iPhoneとのグリップがゆるくなることがあります。
そんなときはiPhoneを装着したまま、多少手でもんでグリップ感をあげるよう曲げてあげましょう。

hagane - 07


「NiNjA」の意味

さて、こちらのケースには「NiNjA(忍者)」という名前がついています。どうして忍者なのかというと、鏡面デザインであることに関係します。

ピカピカに磨き上げられた鏡面に、手前にあるものが映り込みケースが保護色化して隠れているようにみえるのです。
だから「忍者」なんです。

hagane - 08


まるですべての面をおおったようなケースですが、背面カメラやスリープボタンなどは覆われていません。ケースをつけたまま使用可能です。

hagane - 09


イヤホンジャックやLightningコネクタも同様に問題ありません。iPhone 5の液晶部分までケースのエッジはありません。

hagane - 10


ケースにつく傷や指紋も楽しもう

ピカピカに磨き上げられた鏡面デザインなので、簡単に指紋や傷がついてしまいます。
もちろん大切に使って輝きを保つのも大切ですが、普通に使用していくことでついてくる傷をアナタのiPhoneの歴史として刻んで楽しんでいきましょう。

hagane - 11


白いiPhoneはサイドがシルバーなので、さらに一体感がまします。

hagane - 12


マット加工の「TiTaN」も…

鏡面加工はやっぱり傷が気になる…でも職人の作り上げたこのフォルムに惚れた方には「TiTaN」をオススメします。

hagane - 13


自分用で手に入れるのももちろんですが、プレゼントでこんなケースを貰ったらメチャクチャ嬉しいですね。ぜひチェックしてみてください。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

メタル好きな方にはこちらもオススメ

ALUMINUM HOME BUTTON
ホームボタンまでメタルで統一しませんか?

詳しくはこちら→ALUMINUM HOME BUTTON: 「カチッ」となる音が最高に気持ちいい、アルミ製ホームボタンシール。


GRAMAS バックパネル
GRAMASシリーズはメタル好きにはたまりません。

詳しくはこちら→GRAMAS バックパネル: メタルバンパーとの相性が最高なアルミ製バックパネル。


iPhone 5用ケース レビュー一覧

おすすめの iPhone 5用ケース・カバーのレビューまとめ。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!