[iBooks] テラフォーマーズ: 人類 vs ゴキブリ。人類の尊厳を守れ!

人類の宿敵、ゴキブリと宇宙で戦うSF漫画「テラフォーマーズ」のご紹介です。


人類が本能的に嫌悪感をいだいてしまう生物、それは「ゴキブリ」。そんなゴキブリと人類が大真面目に戦う漫画。それがテラフォーマーズです。

好きな生物はぶっちぎり1位で「犬」な@egakuです。ぶっちぎり最下位はもちろんゴキブリ。もはや名前を出すのもはばかられるぐらい嫌いです。以降「G」と呼びます。

なぜ人類はGと戦うことになってしまったのか…。っていうか、Gが進化します。究極進化です。そもそもなんで進化してしまったのか、そんな舞台設定からガッツリご紹介します。

できるだけネタバレをしませんが、大真面目にバカする漫画が大好きな方はぜひチェックしてください。Gが嫌いな方もチェックしてください。ほんとに、マジで楽しい漫画なので。

お話の舞台

地球の未来のお話です。
人口が爆発的に増えた人類は、第2の地球を作るため火星の地球化計画(テラフォーミング)を始めます。

地球化計画の第1弾は火星の気温を地球に近づけること。そのため火星に地球から2つのモノが大量に送り込まれることになりました。それが「」と「ゴキブリ」だったのです。

計画は順調に進みました。苔はゴキブリの死骸を栄養とし、その地表を覆いゴキブリは過酷な環境の元でも数を増やし生息したのです。


そして計画は第2段階へ。いよいよ人が活動できるよう、火星の環境を細かく整える段階になったのです。

人類が快適に火星で暮らすために、第1段階で投入されたゴキブリは不要です。つまり第2段階の計画ではゴキブリ掃討作戦が必須となります。

ゴキブリ相当なんて火星でバル◯ン炊けば一瞬。そうタカをくくって火星に着陸した人類は謎の襲撃を受けてしまったのです!

襲撃してきた生物は人類が解き放った「ゴキブリ」。そう、ゴキブリは過酷な環境でも生きていけるよう究極進化を遂げていたのです!


なぜゴキブリは人間を襲うのか。そんなことは簡単です。人は本能敵にゴキブリを見ると潰して殺してしまいたくなります。同様に、ゴキブリは人を見ると襲ってくるのです。

さぁ人類の巻いた敵を掃討するのです!地球上の生物で爆発的な進化を遂げた人類の全科学力をもってして、ゴキブリを迎え撃ちましょう!!!

全力でバカになれる、熱血SFバトルが楽しい!

いかがでしょうか、ここまでのお話の舞台は。論理的に舞台を解析してはいけません。本気でSFしようとしちゃだめです。

なんせこのマンガは本気でバカしにいってる熱血SFバトルマンガなんですから。

コメディなんだけどガチな絵と、やたらリアルっぽく説明する科学力が面白さをひきたてます。友情や恋愛要素もちょいちょい出てきて熱血バカなキャラクターが右往左往するのも笑えます。

私も大っ嫌いなGが会話中に頻繁にでてきますが、そんなこと気にならなくなります。むしろやっつけたかのようにスッキリできることも。

Gが嫌いな方も騙されたと思って読んでみてください!

iBooks で読むテラフォーマーズはこちらから→テラフォーマーズ

テラフォーマーズ 01 (¥370)
  • ・著者: 貴家悠 & 橘賢一
  • ・掲載時の価格: ¥370
  • ・カテゴリ: SF、 ブック、 コミック/グラフィックノベル、 マンガ
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!