【iOS 7】一部のMFi未認証Lightningケーブルで充電が不能に。

AppBank の主任です。

9to5Mac によると、iOS 7 では MFi 認証を得ていない、一部の Lightningh ケーブルで充電できない現象が報告され始めています。

iOS 7
左のスクリーンショットのように「このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、このiPhoneでは正常に動作しない可能性があります」と通知されます。

このメッセージが表示されると、一部のケーブルでは充電が止まる例も報告されています。


(画像引用元:iOS 7 now blocking some third-party Lightning cables after earlier warning shot | 9to5Mac

「MFi」とは「Made for iPhone/iPad/iPod」の略称で、それぞれの機種向けに Apple が定めた基準を満たしている製品が「MFi 認証済み」として販売できます。

iPhone に付属するケーブル・MFi 認証を得ているケーブルで問題は起きていません。

確実に使えるケーブル・アクセサリはどれ?

購入時にケーブル・アクセサリが「Made for iPhone」「Made for iPad」「Made for iPod」に対応しているかを確認しましょう。

パッケージにロゴマークが描かれている場合が多いので、製品を購入される場合は要チェックです。どんなマークなのかは Apple のウェブページで確認できます。

iPhone、iPad、および iPod のアクセサリについて – Apple

なぜ未認証ケーブルを規制するのか?

Apple が定める基準を満たしていないため、充電中に発熱・発火するといった事故につながる可能性があるからです。

一定の基準を満たした製品だけが利用できるようになれば、こうした事故は減らせるかもしれません。

開発者向けに公開されていた iOS 7 では警告だけでしたが、一般配布版では充電不可になる場合もあるなど、徐々に規制が強化されているようです。

MFi 認証ケーブルにはチップが内蔵されており、MFi 未認証ケーブルにはこれが内蔵されていないので iOS 側で識別することができます。

今後、MFi 未認証ケーブル・アクセサリが完全に利用できなくなる可能性もあるので、注意が必要です。

参考

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!