来店ポイントアプリ「スマポ」がiOS 7で注目の新機能「iBeacon」対応。

AppBank の主任です。

対応する店舗に出向くと来店ポイントが貯まるアプリ「スマポ」が、iOS 7 で注目を集めている機能「iBeacon」に対応しました。

iBeacon は iOS 7 がインストールされている iPhone 4s 以降の iPhone・第3世代 iPad 以降の iPad・iPad mini・第5世代 iPod touch で利用できる機能で、省電力な Bluetooth LE を使います。

AppBank でも iBeacon の可能性・NFC との違いをご紹介しました。

iOS 7の「iBeacon」に注目!「退店で決済」「正確な屋内ナビ」実現か。

では、スマポが iBeacon に対応したことで、どんなことが起こるのでしょうか?

対象店に近づくと「来店ポイントが貯まる」と通知

利用者はスマポを iPhone にインストールし、Bluetooth をオンにしておきます。

利用者の iPhone が店に近づくと、店舗に設置された専用機器から発せられる Bluetooth の信号をキャッチします。

これを受けて、iPhone のスマポが「○○店で来店ポイントが貯まる」と通知します。この通知はアプリを起動していなくても受け取れるようです。

こうした機能は GPS でも可能でしたが、iBeacon よりも消費電力が多いので利用者の負担になります。

来店ポイントとは?

来店ポイントを貯めるには、iPhone のマイクを利用して店内の装置から発せられている超音波を検知します。

ポイントはすべての参加店で利用でき、1ポイント1円相当になります。

スマポのiBeaconを試すには?

現時点でスマポで iBeacon を試せるのは「ビックカメラ有楽町店」の1店舗のみ。今後、順次展開していく予定とのことです。

利用にはスマポのほか、iOS 7 がインストールされている iPhone 4s/5/5s/5c が必要です。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!