連絡先・写真を交換できる「Bump」提供終了へ。データ救出はお早めに。

昨年9月に Google に買収された Bump が、自社アプリ Bump と Flock のサービスを1月31日に終了すると予告しています。

Bump
Bump


Bump は連絡先だけでなく、写真やファイルなどのデータもやり取りできるアプリ。データを送る・受け取る際は iPhone をコツンとぶつけ合います。

Flock は家族・友人と一緒に撮影した写真をアルバムにまとめて共有できるアプリです。

サービス終了後は App Store からアプリが削除されます。さらにサーバ上のデータも削除されるので、現在は両アプリからデータを取り出す機能が提供されています。

今回は Bump で受け取ったデータを PC に取り出す方法をご紹介します。

Bump
アプリを起動した際にサービス終了が告知されます。

データを取り出すには【EXPORT RECEIVED ITEMS】をタップします。


左:告知画面を消してしまった場合は左下の【i】をタップ。
右:【Export received itmes】をタップします。

Bump
Bump


Bump
メールアドレスを登録します。

Bump で受け取ったデータをダウンロードできる URL が送られてきます。


Bump
登録が完了すると、この画面が表示されます。

数分後にメールを確認してみましょう。


Bump からのメールには、データをダウンロードできる URL が含まれています。PC のブラウザ・メールソフトでこれをクリックすると…

Bump


圧縮ファイルのダウンロードが始まります。完了後にファイルを解凍すれば、Bump で受け取ったデータを閲覧・編集できるようになります。

サービス終了後はデータが取り出せなくなります。作業はお早めに。

代わりになる機能・アプリ

iOS 7 から「AirDrop」という機能が追加されました。これに対応しているアプリから写真・URL などのデータを相手の iPhone・iPad に送信できます。


アプリでは Instashare があります。Bluetooth でもやり取りできるので、3G/LTE 回線・Wi-Fi が使えない場所でも利用できます。

Instashare Instashare


レビュー時は iPad 未対応でしたが、現在のバージョンでは iPad にも対応しています。

参考

おすすめ iPhone アプリ
Bump ・開発: Bump Technologies, Inc.
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
・容量: 9.0 MB
・バージョン: 3.5.12
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!