レシートが送られてくるサービス試験運用開始。家計簿をつけたりレシートの懸賞が爆速に!?

スーパーで購入したレシートがスマホに送られてくるサービスの実証試験が宮城県で始まりました。


(画像元:みやぎ生協)

買い物をしたら受け取るもの、それがレシートです。(断ることもできますが)
このレシートが「電子レシート」となりペーパーレスになるサービスが実証試験を開始しました。

試験地は宮城県内の生協21店舗です。

電子レシートでは、お店で会員証をかざすだけでレシートが紙で渡されるのではなく、スマホにレシート情報が送信されてくるようになります。

想像される電子レシートの恩恵

電子レシートになれば、家計簿を簡単にデータ管理に移行できるようになります。
昨年、人気爆発したレシートを撮影して自動デジタル化されるアプリのさらに上をゆきます。

さらにレシート末尾についている懸賞応募なども、わざわざ応募先情報やシリアルコードを読み取る必要なくワンタッチで応募できるようになります。


(画像元:東芝テック)

宮城県内の方はぜひお近くの店舗が対応していないかチェックしてみてください。
みやぎ生協

参考

昨年人気爆発したアプリ

レシートを撮影すると、自動的に家計簿にしてくれる「ReceReco(レシレコ)」

詳しくはこちら→[PR] ReceReco: レシートを自動で読み取って簡単に家計簿がつけられます。無料。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!