Rookie: 初心者でも綺麗にフィルターを使えるカメラアプリ。無料

簡単操作でお手軽に写真を加工できるアプリ、Rookie フォトエディターのご紹介です。

rookie - 14
rookie - 05


フィルターのイメージは10種類あり、更に細かくフィルターが分かれていて全部で100種類以上あります。
ポップでキュートなステッカーも多くあるので、ペットの写真を加工してもいいですね。
簡単な操作での加工なのに細かい色の調整ができるので、こだわり派の方にもおすすめです。

まずは写真を撮ろう

アプリを起動するとカメラが起動します。画面をタップすると、ピントが合います。
青い枠の中からスワイプすると、ピントとは別に露出の調整ができます。

rookie - 01
rookie - 23


rookie - 03
うまくピントが合ったらシャッターをきりましょう。
今回は左の写真を使います。


写真を加工しよう

フィルターを選ぼう

rookie - 04
写真を撮ると加工に入ります。
まずは左から【2番目のアイコン】をタップしてフィルターを入れます。


タップするとフィルターのイメージ一覧がでてきます。
イメージをタップすると、フィルターを選択です。
上4つは無料ですが、下の6つのフィルターはアプリ内で購入になります。

rookie - 05
rookie - 07


フィルターをかけると星を散らしたりしたり赤めにしたりできます。
1つのイメージに10個ほどフィルターがあるので、気に入ったものを設定します。

rookie - 06 rookie - 21


rookie - 08
フィルターが決定したら右下の【チェック】をタップします。
間違えたら×をタップすると、前の画面に戻れます。


テキストやステッカーで飾ろう

文字の入力やステッカー・フレームを入れるには、【4つ目のアイコン】をタップします。
テキストの入力は左の【Aaアイコン】です。
rookie - 09 rookie - 20


色やフォントなども細かく設定ができます。
編集ができたら、チェックアイコンをタップします。

rookie - 19
rookie - 11


rookie - 12
位置や大きさ、角度の調整ができます。
調整ができたらチェックマークをタップします。


ステッカーもテキストと同じように色や大きさなどを調整できます。
同様こちらも左2つのアイコン以外のステッカーは、購入になります。

rookie - 13
rookie - 14


rookie - 15 これで写真の加工ができました。
イケメンのポールさんが私の手によって残念になりました。


加工した写真を共有しよう

写真を加工し終えたら、TwitterやFacebookで友だちと共有してもいいですね。
【右端のアイコン】をタップすると、簡単にTwitterやFacebookにアップできます。

rookie - 16
rookie - 17


無料版でもここまでできますが、有料版ではフィルターやステッカーの種類がもっと増えます。
写真の加工はあまりしないのですが、このアプリなら簡単にできるので加工するのにはまりそうです!
気に入った方はぜひダウンロードしてみてください。

おすすめ iPhone アプリ
Rookie フォトエディター ・開発: JellyBus Inc.
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 写真/ビデオ
・容量: 40.6 MB
・バージョン: 1.0.1
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!