OneNoteで覚えておきたい「ノートブック」の構造

Microsoft の OneNote が無料化され、新たなメモサービスとして注目を集めています。

OneNote


そんな OneNote を使う上で覚えておきたいのが「ノートブック」「セクション」「ページ」の関係です。

メモを整理する上で不可欠ですが、その名前から役割が分かりづらく、PC・iPad 版iPhone 版で表示が異なる点もそれに拍車をかけています。

そこで今回は「ノートブック」「セクション」「ページ」を詳しくご紹介します。

ノートブック・セクション・ページ

OneNote は「デジタルノート」とも呼ばれています。そのため、メモは紙のノートと同じように整理されます。

まず、1つ1つのメモは「ページ」として扱われます。そして、それをまとめるのが「セクション」です。節や章のようなものと考えましょう。

最後にセクションをまとめるのが「ノートブック」です。

OneNote


では、どのように使うと便利なのでしょうか?

例えば、出張に関するメモをまとめるのであれば、「出張 ○月」ノートブックを作成。出張日のセクションを追加し、その中に各出張で必要な情報・得た情報を入れます。

表示方法はPC・iPad版とiPhone版で異なる

PC・iPad 版では以下のように表示されます。リボン(ツールバー)の下からノートブック・セクションが選べます。画面右にはページの一覧があります。

OneNote for iPad


一方、iPhone 版では画面が狭いので「ノートブック」「セクション」「ページ」ごとに一覧画面が用意されています。

左:まずノートブックを選んで…
右:次にセクションを選びます。

OneNote for iPhone
OneNote for iPhone


左:ページを選ぶと…
右:内容が表示されます。

OneNote for iPhone
OneNote for iPhone


iPhone 版特有の機能が「クイックノート」です。

名前は「ノート」ですが、これは指定したノートブックに「クイックノート」というセクションを追加し、そこに素早くアクセスできます。

OneNote for iPhone


表示の違いを知って誤削除を防ごう

Mac 版アプリのほかに iPhone・iPad 版には、削除したノートブック・セクション・ページを復元できる機能がありません。

削除したページなどを一時的に置いておく「ゴミ箱」機能もないようです。

PC・iPad 版と iPhone 版のデザインは大きく異なるので、ノートブック・セクション・ページの表示方法を把握して、誤って削除しないように注意しましょう。

OneNoteまとめ

PC 版・iPhone/iPad 版 OneNote の特徴をご紹介しています。
Evernote対抗馬? マイクロソフト「OneNote」が無料化! Macにも対応。

おすすめ iPhone アプリ
Microsoft OneNote for iPhone ・開発: Microsoft Corporation
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 128.9 MB
・バージョン: 2.1.5
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!