Evernoteでライフログ入門: 残したログを整理・目的のデータを探す

毎日の出来事・感想・アイデア・健康状態などの「ライフログ」を、オンラインメモサービスの定番「Evernote」で残すための活用術をご紹介します。

Evernote


前々回はライフログの目的・対象などを、前回は Evernote でライフログを残す方法をご紹介しました。

しかし、これでは記録するだけになってしまい、せっかく残したライフログを見直して、次に活かすことができません。

そこで今回は Evernote のデータを整理する方法と、目的のデータを Evernote から見つけ出す方法をご紹介します。

データを整理する方法

Evernote でデータを整理する方法は3つあります。

タイトル

Evernote は、ノートのタイトルが大きく表示されます。ですから、タイトルが分かりやすければ、目的のノートも見つけやすくなります。

Evernote


ライフログの場合、物事についてのアイデア・感想・考察を書くことが多いので、タイトルには「何に対してのメモなのか」を明記しましょう。

アイデア・感想とも区別ができない場合は、その物事だけでもタイトルに記しましょう。それだけでも、後で探しやすくなります。

ノートブック

データを大まかに分けるために使うのが「ノートブック」です。

Evernote の構造は以下の通りになっています。「ノートブック」は、ライフログを記している「ノート」をまとめる役割を持っています。

Evernote


さらに上図にある「スタック」を使えば、ノートブックもまとめられます。

例えば「仕事」スタックを作り、その中に「プレゼン」「営業」「会議」「出張」ノートブックを作ると、データを整理しやすくなります。

ノートブック・スタックを使った整理方法は、以下の記事で詳しくご紹介しています。

タグ

タグを使えば、ライフログを記したノートを細かく分類できます。

Evernote


とはいえ、タグを使い始めると、整理の手間が増えてしまう場合もあります

ルールが決まっていない状態でタグを使い始めると、どんどん増殖してしまい、タグから探すことが困難になるからです。
Evernoteでノートを簡単に管理したいなら「タグ」のことは忘れよう。

まずはタグを使わず、ライフログに慣れてきたら試してみましょう。

目的のデータをEvernoteから探す方法

キーワード検索

Evernote で一番良く使う方法が「キーワード検索」です。

Evernote に保存した全テキスト・写真に写っている文字を検索できるほか、有料会員なら PDF・Office 書類の内容も検索できます。

Evernote


ノートの並び替え

ノートを作成日順に見直したい時は、ノート一覧の並び替え機能を使います。

左:ノート一覧を開いて【オプション】をタップ。
右:並び順を【更新日】【作成日】【題名】から選べます。

Evernote
Evernote


場所

iPhone でノートを作成した場合、そのノートには作成時の位置情報が記録されます(位置情報サービスの利用を許可している場合)。

Evernote は、そんな「場所」からもノートを探すことができます。

左:Evernote のホーム画面の【場所】をタップ。
右:地図・住所からノートを探せます。

Evernote
Evernote


Evernoteでライフログ入門

前回・前々回の記事も要チェックです。

Evernoteをライフログ以外にも活用するには?

Dropbox との比較から、Evernote の活用法をご紹介しています。

Evernote ・開発: Evernote
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 38.6 MB
・バージョン: 7.3.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!