ファタモルガーナの館: 西洋館で起こる悲劇と感動の物語。人とわかり合うことの難しさに涙。

西洋館で起きた悲劇を語るサスペンスホラーゲーム、ファタモルガーナの館を紹介します。

fatamor_figh_01


「ファタモルガーナの館」は、西洋館で起きた事件を通じて人間のあり方を語る感動の長編ノベルゲームです。

2012年にPCで発売されて人気を呼び、さまざまなハードに移植され、ついにiPhoneでも読める日がやってきました。私、@gamefighのイチオシです!

始まりは謎の館から

ゲームは、あなたが謎のメイドの声で目を覚ますところから始まります。

fatamor_figh_07


メイドはあなたを「旦那様」と呼び、あなたをずっと待っていたと語ります。

しかし、屋敷の主であるはずのあなたは記憶を失っており、メイドのことも、屋敷のことも覚えていません。

fatamor_figh_02


あなたの記憶を呼び覚ますため、メイドによってこの館を襲った悲劇の数々が語られていきます。

悲しいだけじゃない。心に刺さるストーリー

最初の物語は1603年。この屋敷は仲の良い貴族の兄妹が住む屋敷でした。

fatamor_figh_03


しかし、白い髪の娘が現れたことで、その運命はゆっくりと破滅へと動き出します。

fatamor_figh_04


次の物語は1707年。メイドは屋敷に迷い込んだ【獣】を迎え入れ、屋敷に住まわせます。

fatamor_figh_r1


白い髪の娘が屋敷にやってくることで、また屋敷に悲劇が訪れるのです。。。

fatamor_figh_05


3つめの物語は1869年。鉄道事業に乗り出した若き実業家の青年と、白い髪を持つ妻との物語です。

この時代でも、やはり物語の主人公には破滅が待ち受けています・・・。

fatamor_figh_06


目を背けたくなるような悲劇が続きますが、決して悲しいだけではありません。

どれも人間がわかり合うことについて訴えるメッセージ性を持っており、それぞれが心に刺ささる物語になっています。

そして、怒濤の展開へ

どの時代にも、なぜか白い髪の娘が登場します。100年以上も時を超えて現れる娘は、一体何者なのでしょうか。

長い物語を通じて白い髪の娘の正体が見えてきたとき、物語は新しい展開を見せ、一気に終盤へ突入します!

fatamor_figh_09


終盤では物語が二転三転し、これまで語られた物語が一気に収束していきます。

すべての悲劇の裏にある真実は、涙なしには読めません。

感情を揺さぶる音楽

重厚なイラストに目を奪われがちですが、このゲームは音楽も最高です。歌を多用した歌劇的なBGMがマッチしており、悲しみや喜びなどの感情をダイレクトに刺激します。

fatamor_figh_10


スクリーンショットでは音が伝わらないのがもどかしいですね。このゲームをやるときは絶対にヘッドホンと一緒にプレイしてください!

休日を潰してでも読む価値のある名作

序盤は悲劇をひたすら語られて辛く感じますが、それだけではありません。すべてを読み終えたとき、「人間のあり方」という普遍的なテーマについて考えさせられます。
まさに、人の心をダイレクトに揺さぶる名作だと思います

ストーリーにのめり込み、音楽に感情を揺さぶられ、私は土日かけて一気にプレイしてしまいました。音のない小説では体験できない、ゲームだから生まれる作品でもあります。

未体験の方はぜひ、プレイして下さい。

ただ、たまに落ちるので、推奨端末でマメにセーブをとりながらのプレイがおすすめです。

ファタモルガーナの館 ・開発: Gengosha Inc.
・掲載時の価格: ¥700
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 667.0 MB
・バージョン: 1.0.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!