WWDCで「写真」に関する発表がある? iCloudと関連するとの推測も

WWDC 2014 では、写真に関する製品・サービスが発表されるかもしれません。

写真


TechCrunch によれば、Apple は「写真」に関する何らかの発表を WWDC で行うために準備しているようです。具体的な内容は不明です。

写真を管理・編集できる「iPhoto」と「Aperture」の開発チームが1つに統合されたとの話も伝えており、発表されるのは新しい写真管理アプリかもしれません。

写真による容量不足に悩む iPhone ユーザーが多いことを踏まえ、iCloud のフォトストリームが改善されるのではないか、と TechCrunch は推測しています。

フォトストリームの制限

iCloud 上に写真を保存できる「フォトストリーム」に容量制限はありませんが、枚数は1,000枚まで・保存期間は最長30日間という制限があります。

この制限を超えると古い写真から削除されてしまいます。これを防ぐには、Windows PC・Mac に写真をダウンロードするしかありません。

フォトストリーム


さらに、iPhone 5s でバースト撮影した写真は、お気に入りに指定したものだけがフォトストリームに保存されます。

このように iCloud の写真管理機能には様々な制限があるので、iPhone で撮影した写真を保存する場所としては使いづらいです。

すべての写真を保存できる「ライブラリ」

そこで TechCrunch の記者が考案したのが、すべての写真を iCloud に保存できる「ライブラリ」を設ける解決策です。

実現できれば iPhone 上に写真を残しておく必要はなくなるので、容量管理が楽になります。加えて、写真を紛失する心配も減ります。

ライブラリ


それには Apple が設備を整える必要はありますが、記事によれば、Apple にはそれを準備するだけの資金があり、設備も整いつつあるとしています。

Apple は OS X の無料化を行い、新規購入者に iWork・iLife アプリを無料で提供するなど、ソフト面での充実を図って iPhone・iPad・Mac の魅力を高めようとしています。

TechCrunch の記者が考案する「ライブラリ」も、Apple の一連の動きに合っていると言えるかもしれません。

うわさ・推測の域を出ないニュースではありますが、WWDC 2014 ではこうしたサービスの登場にも期待したいところです。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!