iOS / OS Xアプリの開発言語「Swift」を勉強できる本がiBooksで公開!

WWDCで発表された開発者向け情報です。

swift


AppleはWWDC 2014のイベント内で、Objective-CやCと同じレイヤーでiOS, OS Xアプリを開発する新しい言語「Swift」を発表しました。

Objective-Cよりも実行は高速で、シンプルに記述でき、可読性が高く、保守しやすい、バグが出にくいそうです。

詳しい仕様が書かれたドキュメントがiBooksで無料公開されています。


また、developerサイトに、Swift紹介ページが公開されています。
Swift – Apple Developer

Swiftで開発したアプリは、iOS 8とOS X Yosemiteの登場に合わせて受付開始するそうです。

C、Objective-Cと併存可能な言語です。部分書き換えや追加もできるそうなので、少しずつ書き換えて移行準備ができそうです。

WWDC 2014まとめ

その他に発表されたiOS 8やOS Xの新機能はこちらからチェックしてください!
iOS 8、OS X Yosemite、iCloud Drive、新しいSDK【WWDC2014まとめ】

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!