非MFi認定のLightningケーブルは、正しい電流が流れないのか実際に検証してみた!

MFi認定がないケーブルは適切な電流が流れず、iPhoneにダメージを与える恐れがあるそうです。

ampere - 1


iPhoneやiPadを充電するLightningケーブル。この、LightningケーブルにはMFi認定されているモノと、MFi認定されていないモノがあります。

(AppBank Storeで扱っているものは全てMFi認定済み)

どうやら、MFi認定されていない充電機やケーブルは適切な電圧や電流が得られず、iPhoneにダメージを与える恐れがあるとのことです。

MFi認定がない充電器とケーブルに注意! iPhone 5や5cのチップを壊す恐れ。5sは未確認

そこで、実際にMFi認定されていないケーブルにどれくらい電流が流れているのか、MFi認定されているケーブルと比較してみました。

MFi認定って何?

MFi認定とは、Made for iPhone/iPad/iPodの略で、Appleから公式にライセンスを受けた商品のことです。

Appleが認める性能基準を満たしていることを証明していて、OSのアップデート後も引き続き使えることを保証しています。

AppleはiPhoneやiPadの充電に、MFi認定ケーブルを使うことを推奨しています。

ANKERLightningCable - 02


Lightningケーブルの電流値を測ってみた

検証に使ったアクセサリー

各Lightningケーブルを電流チェッカーに挿して測ります。

電流を計測したのはこちらの商品。
【在庫限り】Libra USBポート電圧電流測定器 USBドクター

ampere - 2


検証に使ったケーブルは以下の4本です。MFi取得されているケーブルが3本と、MFi取得されていない人気の激安ケーブルが1本です。

  • [90cm]Anker Lightning(ライトニング)- USBケーブル Made for iPhone取得
  • Amazonベーシック Apple認定 (Made for iPhone取得) iPhone5、5c、5s用 ライトニングUSBケーブル 約180cm ブラック
  • Logitec Lightningケーブル (Apple認定 Made for iPhone取得) 2.0m ホワイト LHC-UAL20WH
  • MFi非認定ケーブル(購入をオススメしないため画像には写しておりません)

ampere - 7


検証にはiPhone 2台と、iPad miniを使いました。

  • iPhone 5 (バッテリー残 94%)
  • iPhone 5s(バッテリー残 42%)
  • iPad mini(バッテリー残 67%)

Lightningケーブルによる電流値の測定結果

電源アダプターを使った場合

MFi認定されているLightningケーブルは、バッテリー残量が多いiPhoneは電流が0.63〜0.75Aの間、バッテリー残量が少ないiPhoneは0.90A以上でした。iPhoneのバッテリー残量によって電流値が変化しています。

それに比べるとMFi認定されていないLightningケーブルは電流が少なく、最大で0.12Aほど電流値が少なかったです。同じ条件のMFi認定されているケーブルと比べて、適切な電流が流れていないようです。

ケーブル / デバイス iPhone 5 (94%) iPhone 5s(42%) iPad mini(67%)
ANKER 0.9m 0.70A 0.95A 0.90A
Amazonベーシック 1.8m 0.65A〜0.75A 0.92A 0.90A
ロジテック 2.0m 0.63A 0.93A 0.90A
MFi未認定ケーブル 0.56A 0.81A 0.91A

モバイルバッテリーの場合

iPadも充電できるANKER(アンカー)のモバイルバッテリーでも検証しました。
[12000mAh] Anker Astro3 第2世代 モバイルバッテリー

ampere - 4


MFi認定ケーブルではiPad miniに対して電流値が1.57A〜1.68Aで供給されました。しかし、MFi認定されていないLightningケーブルは電流値が1.01Aまでしか上がりませんでした。

ケーブル / デバイス iPhone 5 (94%) iPhone 5s(42%) iPad mini
ANKER 0.9m 0.62A 0.95A 1.66A
Amazonベーシック 1.8m 0.67A 0.95A 1.68A
ロジテック 2.0m 0.61 0.95A 1.57A
MFi未認定ケーブル 0.58A 0.87A 1.01A

iPhoneやiPadを充電するときはMFi認定Lightningケーブルを使おう!

MFi認定のLightningケーブルにも多少のバラ付きがありましたが、MFi認定されていないケーブルはMFi認定されているケーブルと比べて、適切な電流値が得られないことがわかりました。

また、iPad miniを充電するときも1.01Aしか電流が流れなかったので、iPadの充電にも使わない方が良いでしょう。

以上のことから、MFi認定済みケーブルとMFi未認定ケーブルでは、品質にハッキリと差があることが分かりました。

正しい電流が流れないことによって、iPhoneに負荷を与えないためにも、Appleが推奨するMFi認定Lightningケーブルを選ぶようにしましょう。

AppBank Storeで取り扱っているLightningケーブルは全てMFi認定済みなので、安心して使えます。気になる人はチェックしてください。

▼こちらをAppBankStoreでチェック▼

オススメLightningケーブル

ampere - 8
絡まない、巻取り式のLightningケーブルです。

カバンの中に入れておくと、とっても便利です!

巻取り式で絡まない TravelBizLightning 2.4A急速充電&データ転送ケーブル カフェブラック


ampere - 6
わずか10cmの短いLightningケーブルです!

コネクタがアルミでできていてかっこいい。

持ち運びに便利なケーブルです。

Just Mobile AluCable Mini Lightningケーブル(0.1m)


参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!